中国人の周冠宇、2022年にウィリアムズF1のシート獲得の噂
2022年にF1史上初の中国人F1ドライバーが誕生するかもしれない。現在、アルピーヌF1のアカデミードライバーである周冠宇が、ウィリアムズF1のドライバー候補に浮上している。

現在、FIA-F2のチャンピオンシップリーダーである周冠宇は、F1オーストリアGPのフリー走行1回目にグランプリ週末デビュー。レギュラードライバーのエステバン・オコン(9番手)から0.434秒差の14番手タイムでセッションを終えた。

今年、周冠宇がF2でタイトルを獲得した場合、来年はF2に戻ることはできなくなる。

したがって、アルピーヌF1は、2022年にジョージ・ラッセルの後任として周冠宇をウィリアムズF1に押し込むことを検討していると噂されている。

「我々にとって、最初から計画は変わっていない。常にパートナーチームを見つけるか、顧客チームを見つけることだ」とアルピーヌ・アカデミーのボスであるミア・シャリズマンは確認した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ