ウィリアムズ
ウィリアムズは、F1イタリアGPの決勝レースで、ジョージ・ラッセルが14位、ロバート・クビサが17位でレースを終えた。

デイブ・ロブソン(シニアレースエンジニア)
「今回もアクション満載のレースとなり、我々のドライバーたちは数台のマシンと戦った。ロバートは良いオープニングラップを楽しみ、13番手まで順位を上げたが、その後はレースが進むにつれて後退してしまった」

「彼はグロージャンからポジションを守る際にタイヤにフラットスポットを作り、2ストップでレースを終えた。ジョージはより従来型の1ストップでレースを完走し、もう少しでベッテルを倒せせそうだったが、残念ながら最終ラップでオーバーテイクされてしまった。直線スピードによって防御が難しかったが、ジョージを14位を保持するために良い仕事をして、周りのマシンと比べて良いペースを見せていた。これから我々の焦点は2週間後のシンガポールスタートするフライアウェイレースへと向けられる。その後のレースは世界を駆け抜けながら次々と続いていく」

ジョージ・ラッセル
「特にモンツァがストレートスピードでシーズンで3つの最悪のサーキットの1つであると考れば、僕たちのペースは驚くべきものだった。いくつかポジティブな面があったのは間違いない。セットアップ、タイヤ、その他の自分たちでコントロールできるすべてにおいて良い仕事をしたと思う。僕たちはこの結果にとても満足できると思う」

ロバート・クビサ
「山あり谷ありの週末だったし、簡単ではなかった。レースはかなり順調にスタートしたが、その後、コーナーで左フロントタイヤに苦労した。いくつかのバトルがあり、できる限り防御しようとしたが、他のマシンのトウにとどまるのに苦労した。ベストを尽くしたが、どうしようもなかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ / F1イタリアGP