F1 ニコラス・ラティフィ
ニコラス・ラティフィは、自分が2020年のウィリアムズのF1ドライバー候補の頂点に立っているとの見方を否定した。

マクラーレンの株式10%を保有するカナダの実業家マイケル・ラティフィを父にもつニコラス・ラティフィは、今年ウィリアムズのテストドライバーを務めている。

ニコラス・ラティフィは、バーレートとバルセロナのインシーズンテストでウィリアムズの今季マシンを走らせており、今週末のF1カナダGPではロバート・クビサに代わって金曜フリー走行を走る。

先月、Le Journal de Montreal は、ウィリアムズがロバート・クビサの解雇を決定した場合、ニコラス・ラティフィは最有力候補だと報じている。

しかし、ニコラス・ラティフィはそのような噂を否定し、「まず何よりもF2に集中しなければならない」と語る。

現在、F2でドライバーズランキングで首位に立っているニコラス・ラティフィは、2020年にF1に参戦するtめのスーパーライセンスを獲得するにはトップ5でシーズンを終える必要がある。

「僕はF1に参戦するために必要なスーパーライセンをまだ持っていない」とニコラス・ラティフィは語る。

「僕の目標は変わっていない。できるだけ早くそこにたどり着きたい」

ニコラス・ラティフィは、F1フランスGPでもジョージ・ラッセルに代わって金曜フリー走行を走る予定となっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ウィリアムズ