F1 ウィリアムズ エステバン・オコン
ウィリアムズは、2019年の2人目のドライバーとして、エステバン・オコンとの契約を目指していることを認めた。

今週、ロバート・クビサは、母国ポーランドの石油会社PKNオーレンの1000万ドル(約11億円)のスポンサーシップを確保し、ウィリアムズのレースシート獲得を目指していると報じられた。

現時点で、2019年の2つ目のウィリアムズのシートは、現ドライバーのセルゲイ・シロトキン、エステバン・オコン、ロバート・クビサの3名によって争われていると考えられている。

しかし、ウィリアムズの副チーム代表クレア・ウィリアムズは、フォースインディアのシートを喪失するエステバン・オコンが獲得候補のトップだとオースティンで述べた。

「1シーズンだけであるならば、エステバンのような才能のあるドライバーの起用にオープンです」とクレア・ウィリアムズは Auto Hebdo にコメント。

すでにウィリアムズは2019年のF1ドライバーとして、エステバン・オコンと同じメルセデスのジュニアドライバーであるジョージ・ラッセルを起用することを発表している。

「我々は将来を構築できる複数年の契約にサインできたので、ジョージと契約しました」とクレア・ウィリアムズはコメント。

「我々は実績にあるドライバーを雇えるように6ヵ月間にわたって2019年の予算確保に懸命に取り組んできました」

「2つ目のシートに関しては、同じ目論みで採用する余裕は我々にはありません。1人目のドライバーと同じように進めていきたいですが、そこへの道はより険しいです」

「我々はエステバンが我々のところで来年もF1に留まれるよう懸命に取り組んでいます。そこにたどり着くためにあらゆる手を尽くしています」

エステバン・オコンは、メルセデスとのコネクションが自分がウィリアムズのシートを獲得する後押しになると認める。

「メルセデスが1人のドライバーを配置できたのは良いことだと思う。僕とパスカル(ウェーレイン)にとっては少し難しかったからね」とエステバン・オコンはコメント。

「まだもうひとつシートがあるし、どうなるか見てみるつもりだ。まだ交渉は行われている」

エステバン・オコンは、ジョージ・ラッセルが先に契約を結んだからといって、自分のメルセデスの序列が下がったとは感じていないと語る。

「彼は複数年契約したし、それは僕たちの意向ではなかった」とエステバン・オコンはコメント。

「彼は僕のキャリアとは異なるポイントにいる。彼が僕の場所を盗んだとは思っていない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ / エステバン・オコン