ウィリアムズ F1 エントリー
ウィリアムズは、2010年のF1選手権へのエントリーを正式に提出した。

FIAとF1チームとの間で、予算制限を含めた2010年のレギュレーションに関して論争が巻き起こっているが、現役F1チームの先陣を切って、ウィリアムズが、2010年のF1参戦を申請した。

しかし、ウィリアムズのCEOであるアダム・パーは、FOTAへの関わり続けることを強調している。

「FOTAの団結は、ウィリアムズにとって非常に重要なことだ」

「昨日、我々はFOTAのメンバーと2010年の規約に関する妥協案を見い出す努力を続けることをFIAに申請する書簡にサインした」

アダム・パーは、ウィリアムズとFOTAが、新しいコンコルド協定の早期締結を求めていると述べた。

F1チーム、FIA、商業面の最高権威バーニー・エクレストンは、F1を管理するこの極秘協定にまだサインをしていない。

「ルカ・ディ・モンテツェモロ(フェラーリ会長)とジョン・ハウェット(トヨタ)のリーダーシップのもと、FOTAはFIAから非常に有意義な譲歩を得ることができたと信じている」とアダム・パーは述べた。

「その中には、予算制限の手続きだけでなく、予算の多いチームが参戦できるような内容も含まれている」

「だが、ウィリアムズはFOMおよびFIAと、2008年から2010年までワールドチャンピオンシップに参戦するという拘束力のある契約を結んでいる」

「我々は参戦費用を全額受け取っており、道徳的にも法律的にもこれまでの30年間と同じように将来もF1に参戦する義務があると感じている」

「我々が参戦できるのは、従業員、スポンサー、ファンのおかげであり、来年のチャンピオンシップに参戦しないという声明を出せば全員が影響を受けるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ウィリアムズ