フェリペ・マッサ
ウィリアムズは、F1ハンガリーGPでフェリペ・マッサがグリッドスロットでラインが見えずに正しい位置で停止できなかったことを受け、シートポジションの調整を検討している。

フォーメーションラップ後、フェリペ・マッサのグリッドの停止位置があまりにショートしていたため、スタートはやり直しとなり、フェリペ・マッサには5秒ペナルティが科せられた。

各グリッドボックスにはイエローラインが引かれており、ドライバーは前車軸をそこに揃えるが、フェリペ・マッサはハンガロリンクでそれが見えなかったと主張していた。

ウィリアムズのパフォーマンス責任者を務めるロブ・スメドレーは「バルテリ(ボッタス)はまったく問題なく見えたと言っている」とコメント。

「なので、フェリペをポジションを少し上げるか、異なるプロセスを採る必要があるのかを調査しなければならない」

「実際に彼がバルテリよりも低いとは思わないし、合法的な斜線においても低くはない。だが、彼の生理学的な頭のサイズ、頭のてっぺんと比較しての目の位置はわずかに異なる」

「いずれにせよ、トラックが上や下に反っているわけではない。ただ、彼は見えなかったと言っている」

「彼が戻ってきて、何が問題だったかを聞いたときも、彼はそれが見えなかったと言っていたし、『はみ出るよりもショートして止まり、ペナルティを受けた方が良かったと思った』と言っていた」

「実際、彼は回避的な措置をとろうとしていたし、そこにやってきたとき、彼はラインがどこになるのかちょっと慌てていた。彼はショートしていることをわかっていた。我々は彼にどれくらいかを聞き、我はクルマを前に動かした」

イエローライン
フェリペ・マッサは、F1ハンガリーGPを12位でフィニッシュ。バルテリ・ボッタスも入賞できずに、ウィリアムズは今季2度目のノーポイントでハンガリーを去った。

フェリペ・マッサは「このトラックと他のトラックでイエローラインが異なる場所にあるかどうかはわからない」とコメント。

「通常、他のトラックでは停止することに問題はない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ / フェリペ・マッサ