ブルーノ・セナ
ウィリアムズは、2012年のレースドライバーとしてブルーノ・セナと契約したことを発表した。

ウィリアムズの2つ目のシートに関しては、数カ月間にわたって様々な推測がなされてきたが、ブルーノ・セナがパストール・マルドナドのチームメイトとしてウィリアムズでレースをすることが決定した。

ブルーノ・セナは、2月9日にヘレスでウィリアムズでのデビューを果たす。

「彼は20歳でレースを始めたが、F3とGP2ですぐに才能を証明した」とフランク・ウィリアムズはコメント。

「2008年のGP2シーズンは接戦だったが、ブルーノはモナコとシルバーストンで注目に値する勝利を挙げてチャンピオンシップ2位で終えた。ブルーノのF1での2シーズンの環境はコンスタントに結果を出すには理想的なチャンスを与えなかったので、ドライバーとして彼を理解し、評価できるようにできるだけ彼と多くの時間を凄く事が重要だった」

「我々はトラックとシミュレーターの両方でそれを行い、彼はすぐに速さと技術的な洞察力、とりわけ学習能力、素早くコンスタントに学習に適応できることを証明した。我々のレースカーでその才能を確認するのを楽しみにしている」

ブルーノ・セナは「ウィリアムズが、レースドライバーの1人として僕を選んでくれたことをとても光栄に感じている」と述べた。

「素晴らしい伝統を持つチームだし、彼らの歴史に良いチャプターを刻む手助けができることを願っている。評価プロセスは激しく、整然としていたけど、ファクトリーで過ごした時間は、チームに素晴らしい人々がいて、今シーズン、良い結果を成し遂げるために必要なあらゆるリソースが整えていることを証明していた」

「僕の叔父が走ったチームで走れることにとても興奮している。特に相当な数の人々がアイルトンと実際に作業している。いくつかの思い出を蘇らせて、僕たちがそこに新たに素晴らしい思い出を作れることを願っている」

「今日、この立場に僕を導く手助けをしてくれた母国のサポートのためにも良い結果でお返ししたい。ブラジル人であることをとても誇りに思っているし、僕に何ができるかを証明するためにこれまで以上にモチベーションが高くなっている。初めてゴーカーに座ったときから、他のことをしたいとは思わなかった」


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ウィリアムズ | ブルーノ・セナ