ウィリアムズの2018年09月のF1情報を一覧表示します。

ウィリアムズ:パフォーマンス不足が露呈 / F1ロシアGP 予選

2018年9月30日
F1 ウィリアムズ ロシアGP 予選
ウィリアムズは、F1ロシアGPの予選で、セルゲイ・シロトキンが18番手、ランス・ストロールが20番手だった。

セルゲイ・シロトキン (18番手)
「難しいセッションだったし、最後のミスにはかなり落ち込んでいる。僕たちはかなり苦戦を強いられていると思う。今日はあまり印象的なパフォーマンスがあったとは思わないし、物理的に可能なこと以上のことをやろうとしていた」

ウィリアムズ:F1ロシアGP 金曜フリー走行 レポート

2018年9月29日
F1 ウィリアムズ ロシアGP
ウィリアムズは、F1ロシアGP初日のフリー走行で、ランス・ストロールが19番手タイム、セルゲイ・シロトキンが20番手タイムだった。

ランス・ストロール (19番手)
「一貫性のある走行ができたし、いつもの金曜日だった。FP1の最後にフラットスポットができてしまったし、そのセッションで計画していたタイヤを全て使ってしまったのでストップした。僕たちはかなり遅いようだけど、明日はまた別の日だし、今夜何かを考え出して、明日は強くなることを願っている」

セルゲイ・シロトキン:F1ロシアGP プレビュー

2018年9月28日
F1 セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ
ウィリアムズのセルゲイ・シロトキンが、2018年のF1世界選手権 第16戦 ロシアGPへの意気込みと、ソチ・オートドロームについて語った。

「自分のホームレースはいつだって嬉しいけど、人生と同じようにアップダウンはある。当然、ホームの観客の前でレースをするのは大きなプレッシャーだ。国中から多くのサポートを得ることができるけど、同時に僕にとってとても忙しい週末だ」とセルゲイ・シロトキンはコメント。

ランス・ストロール:F1ロシアGP プレビュー

2018年9月28日
F1 ランス・ストロール ウィリアムズ
ウィリアムズのランス・ストロールが、2018年のF1世界選手権 第16戦 ロシアGPへの意気込みと、ソチ・オートドロームについて語った。

「オリンピック村で競争するのはかなりクールだ。間違いなくロシアにいると感じるし、山、雪、海があってとても美しい景色だ。彼らが整えたインフラは素晴らしいし、最高の仕事をしたと思う」とランス・ストロールはコメント。

エステバン・オコン 「ウィリアムズと交渉はしている」

2018年9月27日
F1 エステバン・オコン ウィリアムズ
エステバン・オコンは、ウィリアムズが2019年のF1シート獲得の最後の望みであることを認める。

ローレンス・ストロールのフォースインディア買収により、ランス・ストロールの移籍は確実とされ、エステバン・オコンはフォースインディアのF1シートを喪失するとされている。

一時はエステバン・オコンには、ルノーとマクラーレンに移籍するという選択肢もあったが、今では両方のオプションともに消滅している。

ウィリアムズ:ポイント圏外もバトルには手応え / F1シンガポールGP

2018年9月17日
F1 ウィリアムズ シンガポールGP
ウィリアムズは、F1シンガポールGPの決勝レースで、ランス・ストロールが14位、セルゲイ・シロトキンが19位でレースを終えた。

ランス・ストロール (14位)
「僕の周りで何が起こっていたのかわからないので、レースを観てみてみなければならないけど、かなり混乱していたと思うし、おそらくそこから恩恵を受けたんだと思う。最終リザルトには本当に満足している。14位は昨日や週末全体のペースとしては素晴らしい結果だ」

ジョージ・ラッセル、2019年のウィリアムズのF1ドライバー候補に浮上

2018年9月16日
F1 ジョージ・ラッセル ウィリアムズF1
ジョージ・ラッセルが、2019年のウィリアムズのF1ドライバーの最有力候補だと報じられている。

ウィリアムズは、現在ドライバーを務めるランス・ストロールがフォースインディアに移籍するのは確実だとされており、2019年には空席ができることになる。

20歳のジョージ・ラッセルは、エステバン・オコンと同じメルセデスの育成プログラムのメンバーであれ、現在F2でランキングトップに立っている。

ウィリアムズ:最後列グリッドに沈む / F1シンガポールGP 予選

2018年9月16日
F1 ウィリアムズ シンガポールGP
ウィリアムズは、F1シンガポールGPの予選で、セルゲイ・シロトキンが19番手、ランス・ストロールが20番手だった。

セルゲイ・シロトキン (19番手)
「本当にタフだったし、一年で最もタフな予選セッションだった。なんとか生き残ったという感じだ。各ラックで予選ラップとしてはアタックするというよりもダメージとロスを最小限に抑えるというアプローチをとらなければならなかった」

ウィリアムズ:F1シンガポールGP 金曜フリー走行レポート

2018年9月15日
F1 ウィリアムズ シンガポールGP
ウィリアムズは、F1シンガポールGP初日のフリー走行で、ランス・ストロールが19番手タイム、セルゲイ・シロトキンが19番手タイムだった。

ランス・ストロール (19番手)
「何度か良い走行ができたし、十分な周回数をカバーできたので、多くのことを学ぶことができた。今週末はグリップとペースに苦戦している。ダイダウンフォースというトラックの特性は僕たちのクルマに適していない」
«Prev || 1 | 2 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム