F1 ウィリアムズ シンガポールGP
ウィリアムズは、F1シンガポールGPの予選で、セルゲイ・シロトキンが19番手、ランス・ストロールが20番手だった。

セルゲイ・シロトキン (19番手)
「本当にタフだったし、一年で最もタフな予選セッションだった。なんとか生き残ったという感じだ。各ラックで予選ラップとしてはアタックするというよりもダメージとロスを最小限に抑えるというアプローチをとらなければならなかった」

「とてもがっかりしているし、厳しいものになることはわかっていたけど、コンディションの変化によって僕たちから外れていった。明日は簡単なレースにはならないだろうし、雨が降ることを期待しよう!」

ランス・ストロール (20番手)
「速く走るにはもっとグリップが必要だ。とにかく僕たちのクルマにここは合っていない。今日のタイムシートを見れば、明日は悲惨なものになりそうだけど、雨が降れば助けになるかもしれない。ペースがない理由を解明しなければならない。僕たちは大幅に不足している。ポジションを見て、最後の走行にむけてクルマに違ったことを試したけど、最初の数コーナーでは1回目の走行よりもさらに遅くなっていた。ターン7でブレーキを遅らせてどうなるか試してみたけど、どうにもならなかったし、ただコーナーを逃しただけだった。明日は厳しいだろうけど、何が起こるかわからない」

関連:F1シンガポールGP 予選 | ルイス・ハミルトンがポールポジション!

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ウィリアムズ | F1シンガポールGP