F1 ウィリアムズ シンガポールGP
ウィリアムズは、F1シンガポールGP初日のフリー走行で、ランス・ストロールが19番手タイム、セルゲイ・シロトキンが19番手タイムだった。

ランス・ストロール (19番手)
「何度か良い走行ができたし、十分な周回数をカバーできたので、多くのことを学ぶことができた。今週末はグリップとペースに苦戦している。ダイダウンフォースというトラックの特性は僕たちのクルマに適していない」

「最後、ティアオフが挟まったことで右リアブレーキから小さな火が出た。自分のものなのか、他の誰かのものなのかはわからないけど、不運だった。明日はまた別の日だし、どうなるか見てみるつもりだ。去年は18番手からスタートして8位でフィニッシュしているので、何が起こるかは誰にもわからない。少し雨が降るかもしれないしね!」

セルゲイ・シロトキン (19番手)
「難しい金曜日だった。FP1ではタイヤコンパウドは非常に合理的だったし、多くのマージンがあった。でも、FP2はそうはならなかった。太陽が沈んで、路面温度が下がることでFP1から改善すると見込んでいたんだけどね。今日の結果はどちらのセッションも期待していたものではなかったし、今夜は明日にむけて全てを最大化するためにやらなければならない作業がたくさんある」

関連:
F1シンガポールGP フリー走行2回目 | キミ・ライコネンが最速タイム
F1シンガポールGP フリー走行1回目 | ダニエル・リカルドがトップタイム

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ウィリアムズ