ウィリアムズの2012年10月のF1情報を一覧表示します。

ウィリアムズ:ブルーノ・セナが10位入賞 (F1インドGP)

2012年10月28日
ウィリアムズ F1インドGP 結果
ウィリアムズは、F1インドGPの決勝レースで、ブルーノ・セナが10位、パストール・マルドナドは16位だった。

ブルーノ・セナ (10位)
「僕たちにはレースで強いクルマがあったし、昨日の期待外れな予選のあとポイントを獲得できたことので、今日のパフォーマンスには満足している。とても似たようなペースのクルマと戦っていたので楽しいレースだったし、しっかりオーバーテイクを仕掛けなければならなかった。なので、とても満足している」

ウィリアムズ:パストール・マルドナドがQ3進出 (F1インドGP 予選)

2012年10月27日
ウィリアムズ F1インドGP 予選
ウィリアムズは、F1インドGPの予選で、パストール・マルドナドが9番手、ブルーノ・セナが13番手だった。

パストール・マルドナド (9番手)
「最終ラップの最終コーナーで小さなミスをしてしまい、かなりのタイムを犠牲にしてしまったので、9番手は今日の僕たちの本当のペースを反映していないと思う。昨日は必要な速さがなかったけど、原因を理解するために本当に一生懸命に作業したし、今日のクルマの感覚はとても良かった」

ウィリアムズ:F1インドGP 初日のコメント

2012年10月26日
ウィリアムズ F1 インドGP
ウィリアムズは、F1インドGP初日のフリー走行で、ブルーノ・セナが10番手、パストール・マルドナドが17番手だった。午前中はセナに代わってバルテリ・ボッタスが走行を行った。

ブルーノ・セナ (10番手)
「今日はクルマのセットアップを最適化することに取り組んだし、2回目のセッションのなかで正しいバランスを見つけるために多くのものを試さなければならなかった。全体的にとても生産的な一日だったし、予定していたことを完了させることができた。これから明日の予選に向けてセットアップの改善に取り組んでいく必要がある」

バルテリ・ボッタス 「ウィリアムズ以外とは話していない」

2012年10月23日
バルテリ・ボッタス
バルテリ・ボッタスは、2013年についてウィリアムズの決断を待っており、他チームとは話し合いをしていないことを明かした。

ウィリアムズのリザーブドライバーとして今シーズン15回の金曜フリー走行を確約されたバルテリ・ボッタスは、印象的な走りで2013年のレースシートの有力候補と考えられている。

ブルーノ・セナ:F1インドGP プレビュー

2012年10月22日
ブルーノ・セナ
ブルーノ・セナが、F1インドGPへの意気込みを語った。

ブルーノ・セナ (ウィリアムズ)
「インドは他の多くのグランプリとは雰囲気が違うし、訪れるには独特な場所なので、今週末を楽しみにしている。新しいトラックなので路面はとてもスムーズだし、レイアウトは高速コーナーがあって速くて流れがあるので、僕たちのクルマに合っていると思う」

パストール・マルドナド:F1インドGP プレビュー

2012年10月22日
パストール・マルドナド
パストール・マルドナドが、F1インドGPへの意気込みを語った。

パストール・マルドナド (ウィリアムズ)
「インドは、とても異なっていて楽しいし、お気に入りのトラックのひとつだ。まだ新しいtラックだけど、中速コーナー、高速コーナー、シケイン、方向展開がうまく組み合わせられている」

F2王者ルチアーノ・バシェタ、ウィリアムズのF1マシンをテスト

2012年10月19日
ルチアーノ・バシェタ
F2チャンピオンに輝いたルチアーノ・バシェタが、タイトル獲得の褒章としてウィリアムズのマシンでテストを行った。

ルチアーノ・バシェタは、シルバーストンでウィリアムズ FW33をドライブ。F1参戦に必要なFIAスーパーライセンスを受ける資格を獲得した。

「今日はとてもうまくいった。ウェットとドライが混ざり合った走行ができたし、それはマシンがどのように機能し、どのように対応するかを学ぶには完璧だった」

バリテリ・ボッタス 「若手にはもっとF1での走行機会が必要」

2012年10月19日
バリテリ・ボッタス
ウィリアムズのリザーブドライバーを務めるバルテリ・ボッタスは、若手ドライバーがF1に昇格する前に、F1カーを運転する十分なチャンスを与えられていないと考えている。

今シーズン、ブルーノ・セナに代わって12戦で金曜フリー走行に出走しているバルテリ・ボッタスだが、若手ドライバーがチームに自分自身を売り込み、不可欠な経験を積むためにはより多くの機会が必要であり、F1は若手ドライバーに対応するために多くの変化が必要だと考えている。

スージー・ヴォルフ、マリア・デ・ヴィロタに捧げたF1初テスト

2012年10月18日
スージー・ヴォルフ
ウィリアムズの開発ドライバーを務めるスージー・ヴォルフが、F1初テストを実施。この“特別”なテストを同じ女性ドライバーで負傷を負ったマリア・デ・ヴィロタに捧げると述べた。

マリア・デ・ヴィロタは、7月にマルシャのF1テストでクラッシュ。頭部に重傷を負い、右目を失った。

スージー・ヴォルフは、1日ずっとマリア・デ・ヴィロタのことを考えていたと認め、自分が成功するためのさらなる動機となったと述べた。
«Prev || 1 | 2 | 3 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム