ランボルギーニ/リジェのパートナーシップがLMDhプロジェクトで復活
1990年代のF1であまり記憶に残っていないパートナーシップの1つであるランボルギーニとリジェが、2024年に耐久レースで復活。世界耐久選手権のトップクラスでの新しいプログラムでペアを組む。

先月、ランボルギーニは、ル・マン24時間レース、WEC、IMSAスポーツカー選手権に、LMDhレギュレーションに準拠した車両で参戦することを発表していた。

今回、ランボルギーニは、LMDhプロジェクトのシャシーおよびボディワークプロバイダーとしてリジェをパートナーシップを組むことを発表した。

ランボルギーニ・モータースポーツのチーフのジョルジオ・サンナは「我々はすでに1つのチームとして感じており、目の前にある次の挑戦を楽しみにしている」と語った。

リジェの名前は、チームがアラン・プロストに買収され、ブランド名が変更された1997年にF1から姿を消した。

オーク・レーシングのスポーツカーチームが2010年代にリジェの名前を使用する権利を購入し、現在はリジェ・オートモーティブとして運営されている。現在のプロジェクトには、LMP3シャーシと独自のワンメイクシリーズが含まれている。

リジェは、1991年のF1シーズンにランボルギーニのエンジンを使用していた。その年、リジェ・ランボルギーニはポイントを獲得できなかったが、ドライバーのエリック・コマスとティエリー・バウトソンは、トップ6だけにポイントが与えられる時代に8回のトップ10フィニッシュを達成した。

ランボルギーニは、WEC、IMSA、ル・マンの新時代におけるメーカーの今後の参入メーカーの一部であり、プジョー、フェラーリ、ポルシェ、BMW、アキュラ、キャデラック、アルパインはすべて、一方または両方のシリーズの車両に取り組んでいる。

2022年のル・マン24時間レースは今週末に開催され、依然としてトップクラスではトヨタが唯一の本格的なワークスチームとなっている。

ランボルギーニ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / WEC (FIA世界耐久選手権) / ル・マン24時間レース / IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権