F1 マーク・ウェバー 「ダニエル・リカルドはルノー移籍を後悔しているはず」
元F1ドライバーのマーク・ウェバーは、ダニエル・リカルドがレッドブルからルノーに移籍するという決断を後悔しているのではないかと考えている。

レッドブルでの印象的な5シーズンの後、2年契約でルノーに移籍したダニエル・リカルドだが、初年度はチームとしてもリカルドとしても厳しいシーズンとなっている。ルノーは現在コンストラクターズ選手権で5位におり、カスタマーチームのマクラーレンの後塵を拝している。

今シーズン、ダニエル・リカルドは4回のリタイアを強いられており、前戦シンガポールGPでは、予選で8番手タイムを記録するもルノーのMGU-Kのパワー超過によって失格という悪夢のような週末を過ごした。

ダニエル・リカルドは2020年以降もルノーにとどまりたいと主張しているが、元レッドブルのドライバーであるマーク・ウェバーはリカルドはレッドブルに留まるべきだったと感じている。

元レッドブルのドライバーであるウェバーは、2020年以降ルノーに留まりたいと主張する同胞は、ミルトンキーズチームにとどまるべきだと感じている。

「彼はレッドブルにいた。レッドブルの方がパッケージは優れていたのだから、彼がそこに留まることを願っていた」とマーク・ウェバーは Fox Sports にコメント。

「もちろん、金銭的な面もあったが、いずれにしろレッドブル契約金もそれほど遠くなかった」

「彼は今、2年間のフェーズを後悔しているかもしれない。だが、彼は今、後悔から抜け出さなければなければならない」

「若い人たちがやって来て、2年間で景色は本当に素早く変わる。『大丈夫、僕はクールだ。少し時間がある』と思っているうちに次がやってくる」

「なんとか彼がそこから抜け出せることを願っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マーク・ウェバー / ルノー / ダニエル・リカルド