F1 ダニエル・リカルド ルノーF1
元F1ドライバーのマーク・ウェバーは、ダニエル・リカルドのルノーへの移籍を未だに疑問視しており、2019年のリカルドの前途を心配していると語る。

ダニエリ・リカルドは、ジュニア時代から10年を過ごし、7勝を挙げたレッドブル・レーシングを離れ、来季から2年契約を結んでルノーに移籍するという決断を下した。

ダニエル・リカルドのルノー移籍は、F1界を驚かせ、レッドブル・レーシングのチーム代表クリスチャン・ホーナーにさせも衝撃を与えた。

過去にレッドブルで9勝を挙げたマーク・ウェバーは、ダニエル・リカルドはミスを犯したと考えている一人であり、発表から数カ月経った今でもその考えを変えてはいないと語る。

「僕たち全員がそれについて少し心配していると思う」とマーク・ウェバーは Macquarie Sports Radio にコメント。

「業界の人々は、彼に残留してほしいと思っていたはずだ。僕はまだレッドブルとそれなりに親しい。ダニエルと奇妙な夕食を共にした。彼はその件について僕がどのような立場にいるかわかっているからね。そこは変わっていない」

「彼にはレッドブルに残留してほしかった」

レッドブル・レーシングは、2019年にルノーからホンダにF1パワーユニットを変更することで2019年はその移行に耐えなければなるかもしれないが、マーク・ウェバーは、ルノーがメルセデスやフェラーリに匹敵できるようになるにはレッドブル以上に苦しむことになるかもしれないと考えている。

「資金と支援があるし、ホンダが来るけど、彼ら(レッドブル)が来年信じられないくらい強くなれるとは思わない。でも、2020年までに彼らは再び非常に特別なチームになる可能性があると思っている」とマーク・ウェバーはコメント。

「彼(リカルド)が来年レッドブルが達成するであろう結果を残すのは控え目に行っても難しいだろう。ルノーは・・・予算制限、人員制限を望んでいる。彼らはスポーツの平等性を高めるためにあらゆる面で給料の減少のようなことを望んでいる」

「ドライバーとしてそこに着いたばかりで、そのような立場のチームにいることを心配している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マーク・ウェバー | ルノー | ダニエル・リカルド