マーク・ウェバー
マーク・ウェバーは、2014年もレッドブルに残留するかどうかは自分次第だと述べた。

2014年のセバスチャン・ベッテルのチームメイトに関しては多くの憶測がなされており、キミ・ライコネンが有力候補に挙げられているが、マーク・ウェバーは脅威を感じてはいないと述べた。

「ボールはしっかりと僕のコート内にある。素晴らしいことだ」とマーク・ウェバーは Sky Sports Radio にコメント。

「もちろん、良い走りを続けていかなければならないし、そうでなければ、そのボールはコートを出ていくことになるだろう。そして、他の人がそのシートに入ることになる。彼らんとってレッドブルのようなチームをより魅力的だろうからね」

マーク・ウェバーは、自分の将来についてレッドブルのオーナーであるディートリッヒ・マテシッツと直接話をしていると述べた。

「ディートリッヒ・マテシッツとの関係はとても良い」とマーク・ウェバーはコメント。

「それに、自分の考えがどうなっているか、エネルギーレベルはどれくらいか、モチベーションがまだそのレベルにあるかについて、彼と連絡を取り続けている」

「軽くは考えていない。僕はとても駆り立てられているし、集中している。このレベルで動くことがどれくらい重要なことかを簡単には扱っていない。それをすることを愛している」

マーク・ウェバーは、2014年の決断を急いではいないと述べた。

「大きな決断をしなければならないけど、すぐではないし、考えてはいない」

「まだもう少し時間が必要だし、それなりに遅くまで頬っておくことができると思う」

マーク・ウェバーは、2007年からレッドブルで走っている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マーク・ウェバー / レッドブル