マーク・ウェバー
マーク・ウェバーは、F1イギリスGP終盤にチームからセバスチャン・ベッテルの後ろのポジションを維持するように要請されたが、その指示は無視したと述べた。

ファイナルラップでマーク・ウェバーはセバスチャン・ベッテルを捕え、何度かオーバーテイクを試みたが成功はせず3位でフィニッシュした。

マーク・ウェバーは「おそらく4〜5回」チームからベッテルにアタックしないようにとメッセージを受け取ったが、従わなかったと述べた。

チームオーダーをどう思ったかと質問されたウェバーは「いい気分はしない。それが僕の答えだ」とコメント。

「フェルナンド(アロンソ)が最終ラップでリタイアしたら、僕たちは優勝を争っていた」

「もちろん、僕はポジションを得たかったのでチームを無視した。セブはベストを尽くしていたし、僕もベストを尽くしていた。誰ともクラッシュするつもりはなかった」

「会話のなかでベストを尽くそうとしていたし、前のドライバーを追い抜くためにベストを尽くしていた」

昨年のシルバーストンで優勝したマーク・ウェバーは、レース後の無線で「ナンバー2としては悪くない」という有名な発言をしていたが、再びナンバー2のように感じたかという質問には「それほどでもない」とコメント。

「最後までレースをしたかっただけだ。残り4〜5周で彼らは僕にポジションを守るよう話しかけはじめた。僕はポイントが欲しかったし、もっと多くのポイントを欲しかった」

セバスチャン・ベッテルは、なぜチームが彼らにレースをさせたがらなかったのかは理解できないが、バトルには満足だったと述べた。

「前に留まろうとしたし、それは何も間違ったことではない」とセバスチャン・ベッテルはコメント。

「2位と3位のマシンが孤立していて、1位と4位からかなり離れている場合、チームの観点ではノーポイントのレースをすることは馬鹿げたことだ」

「2位と3位の差は大きくはないけど、僕たちは当然レースをしようとしている。僕はポジションを守ろうとしていた。手こずっていたし、マークの方が速かった。そしてチェッカーフラッグを受けた」

セバスチャン・ベッテルは、なぜこの件が記者会見で大騒ぎになっているのか理解できないと付け加えた。

今回の結果は“偽り”だったのではないかと質問されたベッテルは「僕は2位でフィニッシュした」とコメント。

「さっき言ったように、マークは僕を追い抜こうとしていたし、僕は前に留まることができた。彼の方が速かったのは明らかだった。レースをしなければ彼に追い抜かれていだろう。皆さんは、チームにとって悪いことを望んでいるの?」

「反対の場合でも、もちろん、僕はその時点でマークをオーバーテイクしたかっただろうし、意味のないことだ。馬鹿げたことをしても意味はない。なぜこんなに大騒ぎしているのかわからない」

「僕たちはレースをしていたと思う。『僕が右に動いて、彼が右に動き、ここでブレーキをして、彼はそこでブレーキを...』などのスケジュールはない。彼は全力で僕とレースをしようとしていたけど、追い抜く方法を見つけられなかったんだ」

「現段階ではかなり楽しんでいるよ」

関連:F1イギリスGP:フェルナンド・アロンソが今季初優勝!

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マーク・ウェバー | レッドブル