F1 ベトナムGP
2020年にF1カレンダー入りを果たすことが決定したF1ベトナムGPを開催するハノイ市街地コースのオンボード映像が公開された。

ハノイ郊外にあるミーディン国立競技場の近郊に新たに設置されるハノイ市街地コースは、全長5.5665mのロングストリートサーキットとなる。およそ1600mのロングストレートを特徴とし、初期のシミュレーションでは最高速度は208mphに達するとの見積もられている。

ヘルマン・ティルケの息子でTike GmbHのCEOを務めるカーステン・ティルケは、ハノイ市街地コースのコースレイアウトについて「最初のセクションはニュルブルクリンクのメルセデス・アリーナを思い出させる。また、鈴鹿のS字をある程度モデルにした高速コーナー、ハードブレーキングポイントがあり、優れたオーバーテイクの機会を提供するロングストレートなど非常に多様性に富んだトラックとなっている」とMotorsport-Magazin にコメント。

「全体的に非常にチャレンジングなトラックであり、レースでは間違いなく多くのレースアクションが生み出されるだろう。このコトラックで完璧なラップをまとるのは簡単ではないだろう」

今週、ハノイ市街地コースを視察に訪れたF1のCEOを務めるチェイス・ケアリーは「このサーキットは非常に特別なレースを生み出すだろう。非常にエキサイティングな戦いが展開されるはずだ」と L'Equipe に語っている。

ハノイ市街地コースは、3月20日(水)から建設工事を開始されている。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1ベトナムGP