セバスチャン・ベッテル
セバスチャン・ベッテルが、レースをリードしながらも46周目に突然エンジンが故障してリタイアに終わったF1韓国GPのレースを振り返った。

セバスチャン、エンジンが動かなくなるまでは素晴らしいレースでしたね。前の周でなにかがおかしいという兆候はありましたか?
いいや、まったくなかった。まったくのサプライズだった。ターン17の出口で右側の4本のシリンダーを失った。そのあと、もう片方に当たったかどうかもわからなった。あのような状況ではどうすることもできなかった。

45周目までのレースはいかがでしたか?
僕はずっとレースをリードしていたし、セーフティカーが引っ込むたびに引き離していた。エンジンがブローする前の10周は、コンディションがよりトリッキーになっていたので、タイヤを労わらなければならなかった。暗くなっていたけど、土壇場でもフェルナンド(アロンソ)に反応して抑えるための奥の手はあった。何台か周回遅れがいて1秒くらい失ってしまったのはついてなかったけど、望めばフェルナンドよりコンマ2〜3秒は速く走れた。ポイントに関してはもっと良い状態になっていただろう。そうはならなかったけどね!

レース中に天国と地獄を経験しましたね・・・
あらゆる新しい状況やセーフティカー対応しなければならず、シーズンで最も難しいレースだった。確かにエンジンが動かなくなったときはかなり落ち込んだけど、どうすることもできないし、正直その時点までは自分のレースにとても満足していた。ずっと残りのグリッドをコントロールできていた。エンジンが壊れなければ、そのまあm残り10周を終えるのはまったく問題なかった。

エンジンが壊れたとき、どのようなことが心を過りましたか?
最初の瞬間は問題が去ってくれることを願った。でも、一瞬で4本のシリンダーが白煙をあげたときは何も話せるようなことはないし、そうなったときはどうすることもできない。ブレーキングしたり、スピンする危険のなる場所で誰かが追ってきているような難しい状況で先頭に立つのは簡単なことではない。

キャリアで最も苦い瞬間でしたか?
いいや。タイトルを掴みとるチャンスはまだある。確かに優勝していたらずっと楽だっただろうけど・・・

現在、あなたは首位のアロンソにチャンピオンシップで25ポイント差をつけられています。それはあなたにとって何を意味しますか?
運が良くなければならないときもあるし、フェルナンドはとても運が良かった。僕たちの運はあまりにアップダウンがあったかもしれないけど、今ここでそれを変えることはできない。そういうものだと思う。あまり落ち込んでいても意味はない。その瞬間までは素晴らしい週末を過ごしていたし、僕にはそれ以上のことはできなかった。

タイトル獲得にむけて、ブラジルGPにはどのようにアプローチしますか?
今週末と変わりはない。何も変える必要はない。レースをフィニッシュできれば、25ポイントとともに韓国を離れていたと思っている。タイトルレースはまだ終わっていないので、アブダビのチェッカーフラッグが何をもたらすか待とうよ。

関連:
レッドブル、チームオーダーを検討

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: セバスチャン・ベッテル | レッドブル