セバスチャン・ベッテル、チャリティオークションで自分のF1マシンのパーツを落札
セバスチャン・ベッテルは、チャリティオークションで自分のF1マシンのサイドポッドを落札した。

今シーズン限りでF1を引退したセバスチャン・ベッテルは、月曜日のオートスポーツアワードで、F1での長く素晴らしいキャリアが認められ、グレガー・グラント生涯功績賞を受賞した。しかし、ベッテルは授賞式だけに専念していたわけではない。

セバスチャン・ベッテルは、自分のアストンマーティンのパーツのオンラインオークションの最中だった。35歳のドライバーは、自身のF1コレクションのためにAMR21のサイドポッドを保持することに熱心だった。

「サイドポッドを買い戻そうとしている。今何時? しまった、11時を過ぎてる。サイドポッドはゲットできた? 僕はそれに入札した」とセバスチャン・ベッテルはオートスポーツアワードの表彰台で語った.

「チームは僕にそのことを教えてくれなかった。信じられないよね。彼らはオークションに僕のサイドポッドを提供しているので、僕はそれを買い戻そうとしている。ゲットできたかどうか確信が持てない」

結局、セバスチャン・ベッテルがオークションに勝ったことが判明し、彼は再び彼自身のアストンマーティンのサイドポッドの所有者になった。

セバスチャン・ベッテルはこのアイテムに2555ポンド(約43万円)で落札した。

F1を引退するセバスチャン・ベッテルは、レースを恋しくなるかとの質問に「僕がとても愛していることだしね。最初は若くて理解できなかったけど、彼らがしていることに非常に情熱を持っている非常に多くの人々と仕事をする機会だと思う」とコメント。

「10年前、僕は『それが普通で、誰もが自分の人生を生きている』と思っていた。でも、それが普通ではなく、多くの人がその特権を持っていないことに気づいた」

「カミングアウトしたり、途中で多くの熟練した男性や女性に会ったり、楽しんだりすることで、内面から非常に多くのモチベーションが得られる。僕はこの数年間から多くのことを学んだ」

セバスチャン・ベッテルは「自分に次に何が起こるか分からないけど、とても興奮している」と述べ、3人の子供と妻と一緒に過ごすのを楽しみにしていると説明した。

「F1が嫌いというわけではない。ここ数レースは楽しんだ。発表後、肩の荷が下りた。このスポーツのことがずっと頭の中にあったからね。この歳で得た時間を子供たちに与えるのがとても楽しみにしている」

「両親は僕のために多くの時間を割いてくれたので、僕もそこにいたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / アストンマーティン