セバスチャン・ベッテル、Instagramの開設とF1引退メッセージは「自発的」
F1引退をInstagramでファンにビデオメッセージで伝えるアイデアを思いついたのはセバスチャン・ベッテル自身だったと弟であるファビアン・ベッテルは明らかした.

2010年から2013年にレッドブル・レーシングで4つのドライバーズタイトルを獲得したセバスチャン・ベッテルの輝かしいF1キャリアは2022 年シーズンの終わりを迎える。

セバスチャン・ベッテルは2015年から2018年までスクーデリア・フェラーリで定期的にレースウィナーだったが、2019年に彼とチームのパフォーマンスが低迷するまで成功を収めることができなかった。

2020年の終わりにフェラーリから追放されたセバスチャン・ベッテルは、アストンマーティンに移籍したが、その2年間の間にチームはペースに苦しんでいた。

35 歳のセバスチャン・ベッテルは、環境や社会的原因などオフトラックへの関心が彼にとってますます重要になっていった。そして、F1引退の発表に合わせて Instagram アカウントを開設。最初の投稿として英語とドイツ語でビデオをリリースした。

弟であるファビアン・ベッテルは、ドイツのメディアに、Instagramにビデオを投稿してしてファンとより直接的につながるというアイデアを思いついたのはセバスチャン・ベッテルだったと語った.

「それは比較的自発的な行動だった」とファビアン・ベッテルは Autobild に語った.

「この話題は多くの人に感情的に影響を与えると確信していたので、セブにティザー配信するべきだと提案した。実際、それはクレイジーなアイデアだった。このような規模になるとは予想していなかった」

「最終的に、約20万人がインスタグラムのストーリーを見た。どこからともなくね。もちろん、セブがそれを彼のストーリーで共有したからだ」

それ以来、英語の投稿は 200 万人以上の Instagram ユーザーに「いいね」され、さらにドイツ語の投稿ではさらに 100 万人が「いいね」し、セバスチャン・ベッテルのプロフィールはわずか数日で 220 万人のフォロワーに急増しました。

ファビアン・ベッテルは、セバスチャン・ベッテルにとって、彼の多くのファンにもっと個人的に対応する方法を見つけることが重要であると述べ、チームのプレスリリースは遠いものだと感じていたことを明らかにした。

「おそらく僕も同じことをしただろう。それは非常に個人的なことだ」とファビアン・ベッテルは語った。

「だからこそ、長年求められていたInstagramがまさに正しいと思う。それは、最も気にかけている人々、つまりファンに向けられた。チームやプレスリリースに関しては、個人的な“タッチ” が欠けている」

セバスチャン・ベッテルは、F1でのキャリアの中でソーシャルメディアを公式に無視してきたが、これはセバスチャン・ベッテルの個性の力を示しているとファビアン・ベッテルは語った。

「それは基本的に、セブが単なるレーシングドライバー以上であることを表している」とファビアン・ベッテルは語った。

「そして、F1が、セブ、フェルナンド・アロンソ、ルイス・ハミルトンのようなカリスマ的なドライバーの代わりを見つけるのは難しいと思う。僕の兄は、大きな足跡を残した人物としてF1を去ると思う。彼が最近取り組んでいるすべての問題により、彼は人として大きな一歩を踏み出した」

「気候変動と社会問題は非常に重要であり、声を使ってそれに取り組むことは名誉なことだと思う」

ファビアン・ベッテルは、セバスチャン・ベッテルが事前に決定を彼に知らせていたことを明かし、彼のレース後のキャリアで次に何が起こるかについてまだ計画を立てていないと説明した。

セバスチャン・ベッテルの決定の背後にある動機について尋ねられたファビアン・ベッテルは、F1の過酷なスケジュールにより、家族とのバランスを取ることの難しさを挙げた。

「僕はF1を運転したことがないので、外からどのように感じるかしか判断できない」

「彼には現在、家族、妻、子供がいる。それはF1と競っている。さらに、F1は変化している。年間20以上のレースがある。それはとても激しい。そして、家族を持つ多くの人々は、この個人的な決断を高く評価している」

「とにかく反響がすごい。ポジティブにもネガティブにもね。そして、ここ数年、彼はもはや単なるF1ドライバーではなく、それ以上の存在であるため、非常に感情的な話題にもなっている。それについても彼に本当に感謝している」

セバスチャン・ベッテルは、ソーシャルメディアで成長した最近のF1への参加者よりも少し古い世代のドライバーであるため、非常にプライベートな家族の男が、公式のソーシャルメディアチャンネルを持つことを避けたのは当然のことだ。

彼のキャリアの終わりが見えてきたので、セバスチャン・ベッテルがInstagramに登場したのは素晴らしい時期だった。彼はまだ多くのフォロワーを獲得するのに十分なほど公開されており、F1後の彼の動きを追跡することができる。

また、チーム契約が終了することで、セバスチャン・ベッテルは、チームやスポンサーを考慮しなければならない場合よりも、はるかに自由に投稿できるようになる。

ソーシャル メディアと「Drive to Survive」に対する彼の無関心なアプローチにより、セバスチャン・ベッテルはすぐに忘れ去られた可能性があった。メリットがマイナス面を上回る今、それを受け入れることで、セバスチャン・ベッテルは今後何年にもわたって注目を集め、関連性を維持する準備を整えている。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / アストンマーティン