セバスチャン・ベッテル、アストンマーティンF1の後継者にミック・シューマッハを指名
F1引退を表明したセバスチャン・ベッテルは、アストンマーティンF1チームの2023年の自身の後継者にミック・シューマッハを指名した。

セバスチャン・ベッテルはF1キャリアの初期に父親ミハエル・シューマッハと素晴らしい友情を築き、息子のミック・シューマッハがランクを上げた際の強力な支持者でありメンターだった。

フェラーリF1の契約ドライバーであり、F3とヨーロッパF3チャンピオンであるミック・シューマッハは、ハースF1チームでF1ドライバーとしての2シーズン目を迎えている。

ハースF1チームとのミック・シューマッハの将来は、2022年までの困難なスタートの間に疑問視されていた。それ以来、ミック・シューマッハは挽回しているが、チームメイトのケビン・マグヌッセンとは異なり、ハースF1チームと2023年の契約はムズんでいない。

2022年シーズン限りでF1引退を表明したセバスチャン・ベッテルは、ミック・シューマッハが自分の後任を務めるのを見たいかと質問された際、水曜に自身の決定をアストンマーティンF1チームに伝えた際に、自分のシートについてチームオーナーのローレンス・ストロールと短い話し合いをしたことを明かした。

「昨日ローレンスと話して、続けるつもりはないと彼に伝えた」とセバスチャン・ベッテルは語った。

「次に何が起こるかについて、非常に短いチャットをした。僕には自分の意見がある」

「僕はミックを非常に高く評価している。僕は彼ととても親しいので、完全に客観的なものではない。でも、彼は素晴らしいドライバーであり、学習者だと思う。他の人が失速したり、進歩をやめたりするなかでも、彼は学び続けている。彼には資質があるけど、まだとても若く、経験もあまりない」

「どうなるかは分からない。それは僕が決められることではない。頼まれたら、僕は躊躇なく自分の意見を述べる。でも、最終的には、チームがその決定を下さなければならない」

セバスチャン・ベッテルのコメントについて質問されたミック・、シューマッハは「もちろん、ここ(ハース)にはたくさんのことがあるろ思う。だから、現時点で私の焦点はそこにある。将来については見てみるつもりだ」

2023年のアストンマーティンF1への移籍を除外しているかと質問されたミック・シューマッハは「Never say never.(あり得ないと決めてかからない)」と強調した。

「今の僕の焦点はハースにある」

ハースF1チームまたはフェラーリのどちらかとすでに合意していることについて質問されたミック・シューマッハは「フェラーリに空席はないし、ここは埋まってはいない。何が起こるか見てみるつもりだし、繰り返しになりますが、共有する必要があると感じたことがあれば、適切なタイミングで共有する」

ミック・シューマッハは、フェルナンド・アロンソやダニエル・リカルドのような他の推測されたターゲットと比較して比較的経験が浅いものの、アストンマーティンF1チームにとって信頼できる選択肢と見なされている。

木曜日にアストンマーティンF1チームのシートについて質問されたフェルナンド・アロンソは「2人のドライバーがサインしていない限り、すべてのチームがオプションだ」と述べたが、彼の優先事項はアルピーヌF1チームに留まることであると強調した。

セバスチャン・ベッテルの決定が2023年の交渉をより困難にしたかと質問されたフェルナンド・アロンソは「僕には関係ないことだ」と語った。

一方、ダニエル・リカルドは、2023年末に終了する現在の3年間のマクラーレン契約を全うするという彼のコミットメントを繰り返した。

「先週の僕のインタビューを聞いたことがある?」とアストンマーティンF1チーム移籍の可能性について質問されダニエル・リカルドは語った。

「それに対して何の問題もない。先週言ったように、僕の将来は明確だし、ここ[マクラーレン]にある」

また、同じ記者会見で質問されたのは、ウィリアムズのF1ドライバーであるアレクサンダーアルボンだった。アルボンは、2022年以降の契約について確認されておらず、アストンマーティンF1へのドアをオープンなままにしている。

「アストンマーティンは素晴らしいチームであり、チームとしても明らかに拡大している。でも、今は今年に焦点を当てる必要がある、このくらいでやめておおこう」とアレクサンサー・アルボンは語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / ミック・シューマッハ / アストンマーティン