セバスチャン・ベッテル 「ストロールの最終コーナーでのブレーキは驚いた」 / F1フランスGP
セバスチャン・ベッテルは、F1フランスGPのファイナルラップでの10位をかけたバトルで、アストンマーティンのチームメイトであるランス・ストロールが最終コーナーで突然減速したことに「驚いた」と語る。一方、ストロールは「無謀なことは何もしていない」と主張している。

セバスチャン・ベッテルは、レース終盤にランス・ストロールに追いついて追い越すためにハードにプッシュしており、ファイナルラップでストロールを捕えていた。

だが、最終コーナーの真ん中でランス・ストロールは当然減速したように見え、セバスチャン・ベッテルは接触を避けるためにブレーキをかけた。

セバスチャン・ベッテルは、ラインを通過した後、左手を上げて明らかな欲求不満のジェスチャーを示した。

レース後、セバスチャン・ベッテルはアストンマーティンがチームとして10位を記録したことに基づいて、そのインシデントを軽視した。

「前のラップでギャップを埋めていた」とセバスチャン・ベッテルは語った。

「僕の方が速かったと思うけど、それは問題ではない。チームにとっては同じことだ」

「彼は加速する前に明らかに再びブレーキを踏んでいたので驚かされた。それで僕は勢いを失った」

「でも、さっきも言ったけど、結局はチームにとっては同じポイントだ。だから、違いはない」

チェッカーフラッグ直後に『息が切れた』とチームに語ったランス・ストロールは、異常な方法でブレーキをかけたことを否定し、オーバーステアの瞬間があったことを示唆した。

「出口でスナップのようになって、ホイールスピンした」とランス・ストロールは語った。

「全員がレースをしている。僕はすべての週末と同じようにポイントを獲得したいと思っている。無謀なことは何もしていない。誰かが僕の後ろにいるかのように防御しただけだ」

ランス・ストロールは、レース後半にペースを危うくするタイヤの問題を抱えていたと語った。

「タイヤのために苦労していて、最後のポイントを守るするためにしなければならなかったすべてのことをしていた。すべてコントロールできていたと思う。そこは問題なかった」

「でも、実際、ハードタイヤでは本当にタフだった。ミディアムは良かった。その後、ハードでは、リズムに乗って数周はタイヤは良かった。そのあとの数周は本当にタフだったし、とにかくフロントとリアがオーバーヒートして、滑り回っていた」

「バーチャルセーフティカーの後の最後の数周は、(ダニエル)リカルドから9位を奪える勢いがある世に感じた」

「でも、勢いを失って、セブからプレッシャーを受けた。良いバトルだった。でも、最終的にポイントを獲得できて満足している」

一方、セバスチャン・ベッテルは、シャルル・ルクレールのアクシデントで導入されたセーフティカー中にすぐにピットインしなかったことにフラストレーションを感じていた。そのタイミングでピットインしなかったのはニコラス・ラティフィとベッテルだけであり、次の周にピットに入っている。

だが、当時、セバスチャン・ベッテルはランス・ストロールの後ろにいたので、2台のアストンマーティンは狭いピットレーンで二重に積み重ねられなければならなかっただろう。

「仕方ないことだし、今日はフリーエアが必要だったけど、得られなかった」とセバスチャン・ベッテルは語った。

「勝つペースがあったわけでもないけど、もっと速く走れたはずだし、もっと良いレースができたはずだ。ピットストップに関してはわからない。最後にストップしたのは僕だった。だから、調べなければならない」

「ピットストップできれば満足できたはずだ。ピットストップでバランスを少し修正して、レースを通して改善したと思う。予選でウィリアムズと同じペースだったことを考えると、かなり良かったと思う。レースでは少し速くなった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / F1フランスGP / アストンマーティン