セバスチャン・ベッテル
セバスチャン・ベッテルは、今でもマネージャーを雇う予定はないようだ。

セバスチャン・ベッテルは、BMWザウバー、トロロッソ、そして現在のレッドブルとF1キャリアを過ごしているが、契約はマネージャーを雇わず自分で管理してきた。

「みんな『広告関連やもっとお金を稼ぐためにマネージャーを雇った方がいい』と言ってくるけど、僕は大丈夫だ」とベッテルは語る。

「自分で決定したいんだ」

ベッテルは、契約交渉が独特な雰囲気であるkとおを認めるが、まだプロのマネージャーの助けを借りる必要のあるような状況に直面したことはないと語る。

「交渉の席では、経験豊富な60代の人と机を囲むこともあるから、ちょっと面白い光景のときもある。でも、年齢のことなんてすぐに忘れて、ベストを尽くそうとするものだ」

マネジャーとしてミスをしたことがあるか質問されると「いいや。自分のしてきたことは後悔しないよ」とベッテルはコメント。

「F1やサッカーの問題は、あまりにも大きなお金が関わってくることだ。F1は大きなビジネスだし、残念ながら、みんな自分の利益や自分の手元に残るものを気にしすぎている」

「単なるビジネスと考えている人もいるしね。それが大きな問題だ。常に言いたいことを言えるわけじゃない。でも、僕にとって大切なことはレースだし、今までと変わらない自分でいることだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: セバスチャン・ベッテル | レッドブル