セバスチャン・ベッテル 「F1ドライバーは10回もsh*tと叫ぶべきではない」
セバスチャン・ベッテルは、F1チームとの無線が、子供たちに正しい言葉遣いを示そうとする自分の努力の邪魔になることがあると語る。

妻のハンナと3人の父親として、34歳のセバスチャン・ベッテルは、限度を超えた場合はビープ音が鳴るもの、最も下品な無線メッセージがテレビ視聴者に放送される傾向があると踏まれ場、自分の責任を十分に認識している。

社会的および環境的な理念で注目を集めるようになったセバススチャン・ベッテルは、“聖人”になろうとすることは何も間違っていないが、コックピット内のプラッシャーの高い環境はその目的を達成するのは難しいと語る。

「僕が始めたときは、ほとんど誰もそれを聞くことができなかったので、誰も僕がヘルメットに叫んだことを気にしていなかった」とセバスチャン・ベッテルはF1-Insideに語った。

「今日は違う。自分の感情に逆風を感じることがよくあった。これは、サッカー選手のピッチ上での最初の反応に似ている」

「自分の気持ちに正直になって、それを支持するべきだと思う。ただし、“sh*t”と10回叫ぶべきではない。聖人である必要はない。でも、少なくともそうなりたいことを示すべきだ」

「また、僕は子供たちのために正しい言語を示したいと思っている。でも、特にスポーツでは、感情は依然として重要だ。幸せなこともあれば、怒るときもあるし、悲しいときもある」

「それを正確に示すことは恥ずべきことではない。しかし、決定的なのはそれを示す方法だ」

親子関係に関して、セバスチャン・ベッテルは彼の友人で元チームメイトのキミ・ライコネンと同じく、自分は子供たちをF1スーパースターに変えるためにできる限りのことをしているヨス・フェルスタッペンのような人物になることはできず、と語る。

「子供たちが何をしていても、子供たちが幸せになってほしい。期待はゼロだ」とセバスチャン・ベッテルは語った。

「たくさんのお金を持っていて、それでも幸せではない多くの人々を見てきた。逆もまた同様だ。銀行の残高が大きければ大きいほど、幸福は大きくなるという公式は真実ではない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / アストンマーティン