セバスチャン・ベッテル、サウジアラビアで女性限定カートイベントを開催 / F1サウジアラビアGP
セバスチャン・ベッテルは、F1サウジアラビアGPの初開催に先立ち、サウジアラビアでの女性の運転を促進するための特別なオールガールカートイベント『Race for Women』を主催した。

アストンマーティンF1のドライバーを務めるセバスチャン・ベッテルは、サウジアラビアでのF1レースをすることの「ポジティブな面に集中する」ことを誓った。サウジアラビアでは、2018年に初めて女性が公道を運転することが許可された。

「本当に、本当にエキサイティングだった」とセバスチャン・ベッテルはジェッダでメディアに語った。

「もちろん、サウジアラビアでのレースは初めてだけど、ここでのレースに向けて多くの話や考えがあった。たくさんの質問があり、自分自身にも問いかけたし、自分に何ができるかを考えていた」

「僕たちは非常に注目を浴びているし、人権などに関する特定の国の問題に関してのネガティブな事例に非常に焦点を当てられている」

「でも、僕は本当にポジティブなことを考えたかったし、ハッシュタグ 「#RaceForWomen」の下で自分のカートイベントをセッティングした」

セバスチャン・ベッテルはトラックを借りて、さまざまなバックグラウンドを持つ女性のグループを招待し、カートの経験を楽しんだり、アドバイスを与えるだけでなく、彼女たちからサウジアラビア社会の女性の生活について学んだ。

「トラックには7人~8人の女の子と女性のグループが来てくれて、彼女たちのためだけの素晴らしいイベントをセッティングした」とセバスチャン・ベッテルは語った。

「人生での経験、もちろん、コース上の経験を伝えたり、一緒に何かをして、彼女たちの自信を高めるようと思った」

「サウジアラビアでは、女性は、2018年以降にやっと車の運転を許可された。そのため、免許を持っている人もいれば、持っていない人もいる」

「彼女たちの中にはF1の大ファンだった人もいれば、F1や今日までのレースとは何の関係もなかった人もいまた」

「異なるバックグラウンドを持った女性が良いミックスされた素晴らしいイベントだった。みんながとても幸せだった」

セバスチャン・ベッテルは、彼女たちの話に「刺激を受け」だとし、女性の権利に関するサウジアラビアの発展にポジティブに驚いたことを認めた。

「彼女たち話やバックグランド、国の変化についての彼女対の積極性に非常に刺激を受けた」

「もちろん、西洋やヨーロッパのレンズから見れば、改善しなければならないことはまだたくさんあるけど、いくつかのことが変化していることも事実だ。そして、そういった人々のため、彼女たちは大きな違いを生んでいる」

「やっぱり、数日しか過ごさない国に来て、その正確な背景や人々が考えていることを完璧に判断するのはとても難しい」

「だがら、僕にとって、そういった女性のことを知るのは重要だった。とても印象的で刺激的な日だったし、週末を始めるのに最適な方法だったと思う。。ポジティブなことに焦点を当てることが重要だ」

セバスチャン・ベッテル F1サウジアラビアGP

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / アストンマーティン / F1サウジアラビアGP