セバスチャン・ベッテル、F1アメリカGPでエンジン交換ペナルティ / アストンマーティンF1
アストンマーティンF1のセバスチャン・ベッテルは、今週末のF1アメリカGPでエンジン交換ペナルティを受けることを確認した。

FIAはまだ正式に変更を発表していないため、セバスチャン・ベッテルが交換するのは、ICE(内燃エンジン)だけで10グリッド降格なのか、もしくは完全に新しいパワーユニットによる最後尾スタートなのかはまだ不明だ。

セバスチャン・ベッテルはF1アメリカGPに先立つFIA記者会見で「厳しい週末にになると思う。エンジンを交換しているため、ペナルティを受けることにある」と語った。

「でも、僕たちはここで強いのと思っている。どれぐらい強いかは見てみよう」

「ここはオーバーテイクが可能なので、交換をするにはいい場所だと思う。日曜の午後はポジションを上げて上位グループで戦えることを願っている。楽しいレースになることを期待しているよ」

セバスチャン・ベッテルは、メルセデスのF1パワーユニット勢で年間使用基数を越えた最新のドライバーとなる。ルイス・ハミルトンは4基目のエンジン、バルテリ・ボッタスは5基目のエンジンを投入してグリッドペナルティを受けている。

メルセデスF1はシーズンを通してF1パワーユニットのICE部分に問題があり、信頼性に「疑問符」が残っている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / F1アメリカGP / アストンマーティン