アストンマーティンF1のセバスチャン・ベッテル、FIAの裁定の遅さを批判「プロ意識に欠ける」
アストンマーティンF1のセバスチャン・ベッテルは、F1エミリア・ロマーニャGPのレース後にペナルティを決定するまでにかかった時間は「プロ意識に欠ける」と考えており、裁定のためのプロセスは長すぎると批判した。

セバスチャン・ベッテルのF1エミリア・ロマーニャGPは、アストンマーティンの2台がグリッドに向かう途中にブレーキのオーバーヒート問題に見舞われたことで、スタート前に事実上終了していた。

ランス・ストロールのトラブルは迅速に処理されたが、アストンマーティンのクルーは4輪すべてをマシンに装着する必要がある制限時間内にセバスチャン・ベッテルの方の問題を解決することができなかった。

セバスチャン・ベッテルのマシンはピットに戻されて作業を完了し、ベッテルはピットレーンからレースをスタートした。

だが、アストンマーティンF1がセバスチャン・ベッテルへの10秒のストップ&ホー・ペナルティを知らされたのはレースが22周目に入ったときだった。最終的にベッテルはチェカーフラッグまで残り2周でリタイアを余儀なくされたが、スチュワードの裁定の遅さに不満を述べた。

「なぜあんなに遅れたのかわからない。最初からかなりはっきりしていたことだと思う」とセバスチャン・ベッテルは Sky Germany に語った。

「スチュワードが何をしていたんだろうね。コーヒーメーカーのフィルターがいっぱいで、それを処理する必要があったのかもしれないね!」

「FIAがもっと注意喚起してくれていれば、もっと良いレースができたと思う。僕たちはルールを破ったわけだし、それがペナルティを受けた理由だと思うからね」

「でも、彼らはレースに入るまで気にしなかったし、その時にはレースの初期に出されるよりもペナルティははるかに多くの犠牲を払うものになっていた。プロ意識に欠けると思う」

ペナルティの遅れとセバスチャン・ベッテルの不満について質問されたFIAレースディレクターのマイケル・マシは、テクニカルデリゲートがレポートを提出してからスチュワードが後者を評価するとし、彼らの決定を伝えたときまでの時間は異常ではないと述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / F1イタリアGP / アストンマーティン