セバスチャン・ベッテル、ルクレールに激怒して話し合いで解決 / フェラーリF1
フェラーリF1のセバスチャン・ベッテルは、F1バーレーンGPでのシャルル・ルクレールの走りに激怒したが、その後、話し合いを行って解決したことを明らかにした。

ロマン・グロージャンの恐ろしいクラッシュによる赤旗中断後のリスタートで、シャルル・ルクレールはターン1でインに飛び込み、バックオフを余儀なくされたセバスチャン・ベッテルは無線で激怒した。

「またかよ! まるで僕がそこにいないかのような走りは駄目だって。オーストリアと同じだ。マジで』と無線で怒りを露わにした。

「クラッシュするべきだったかな。その方が良い選択肢だったかもしれない。毎朝スペースを与えるについて話しているよね」

レース直後も怒りが収まらないセバスチャン・ベッテルは、チームメイトと話をすると語っていた。

「僕はシャルルに非常に配慮していたので、スタートでポジションを失った」とセバスチャン・ベッテルは Sky Germany に語った。

「僕がドアを大きく開けておかなければ、通常、あの角度では不可能だ。不要なことだったし、少しイライラしている。でも、大丈夫だ」

「その後、多くのポジションを失ったし、僕たちが困難を抱えているのを目にしたと思う」

「彼と話をするつもりだ。結局、オーストリアと何も変わっていないし、僕が気を付けなければ、僕たちは再びクラッシュするだろう」

実際、二人は起こったことについて話し合いを行った。その結果、セバスチャン・ベッテルの怒りはいくらか収まったようで、今では大したことではなかったと感じていると述べた。

「そこまで大ごとにする必要はあない」とセバスチャン・ベッテルは語った。

「タイトだった。最初のコーナーに3台しかいない場合はうまくいくと思うけど、ほとんどの場合はうまくいかない」

「僕たちはそれについて話をしたし、次に進む。大したことではない」

一方、シャルル・ルクレールは、セバスチャン・ベッテルに残したスペースが小さすぎたと認めたが、同士討ちを演じたオーストリアでのインシデントの繰り返しだとするベッテルの主張には反論した。

「私サイトで言える唯一のことは、確かに非常にタイトだったということだ」とシャルル・ルクレールは述べた。

「でも、その一方で、僕が目に見える位置取りをしていなかったシュタイアーマルクGPとは違ってり、今回は彼に自分を見せようとしていた」

「ギャップはほとんどなかった。僕はそれを選び、彼が僕を見ていることを確認した。でも、同じチームに所属しているという点で、おそらく僕たちのマシン間には十分なギャップがなかったと言えるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / フェラーリ / シャルル・ルクレール