セバスチャン・ベッテル、ポイントに届かず 「タイヤに苦労していた」 / フェラーリ F1アイフェルGP 決勝
フェラーリF1のセバスチャン・ベッテルは、2020年のF1世界選手権 第11戦 F1アイフェルGPの決勝レースを11位で終えた。

11番グリッドからスタートしたセバスチャン・ベッテルだったが、終始アルファトメオやハースと戦う展開。タイヤに苦戦し、最終的にポイントに一歩届かず11位でレースをフィニッシュした。

「ポイントを獲得したかったけど、全体的にタイヤにあまりに苦労していた」とセバスチャン・ベッテルはコメント。

「スタートは悪くなかったと思う。ミディアムコンパンドを履いていたけど、アルファロメオのジョビナッツィに1つ順位を奪られただけだった。でも、一旦タイヤが正しいウインドウに入ると、彼の後ろで身動きが取れなくなったし、追い抜くのにかなり苦労した」

「リスクを冒しすぎてタイヤにダメージを負ってしまったのかもしれない。ピットインを余儀なくされ、その後は反撃するのがとても難しかった。終盤のセーフティカーにとってポイントのチャンスはあるかもしれないと思い、マグヌッセンと戦い、ジョビナッツィも抜こうと苦労した。結局、最後のポイントを獲得することはできなかったけどね。とても難しい一日だった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / フェラーリ / F1ドイツGP