セバスチャン・ベッテル 「フェラーリF1の1000戦目を走れることは名誉」 / フェラーリ F1トスカーナGP プレビュー
フェラーリF1のセバスチャン・ベッテルが、2020年のF1世界選手権 第9戦 F1トスカーナGPへの意気込みを語った。

フェラーリ所有のムジェロ・サーキットでの初開催となるF1トスカーナGPはフェラーリの1000回目のグランプリ。SF1000はフェラーリが1950年に初めてF1に参戦した当時のバーガンディカラーが特別に施され、ドライバーのレーシングスーツもも同じ色合いが採用される。

「全F1チームの中で最長の参戦となる1000回目のグランプリをフェラーリのために運転できることはとても名誉なことだ。ムジェロ・サーキットでこの記念日を祝うことはさらに喜びだ。今シーズン初めて少ないけど観客がグランドスタンドに入ることができる」

「勾配の変化と非常に厳しいコーナーを備えたとても素晴らしい超テクニカルなトラックだ。トラックは僕たちのマシンと相性がいいはずなので、ティフォシを喜ばせる結果を届けられることを願っている」

関連:2020年 F1トスカーナGP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / フェラーリ / F1イタリアGP