ハースF1代表、セバスチャン・ベッテルの中団チーム移籍の噂を疑問視
ハースF1チームの代表を務めるギュンター・シュタイナーは、4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルが2021年もF1を継続することを決断したとしても、ミッドフィールドチームに移籍する可能性は低いと考えている。

セバスチャン・ベッテルは、2020年シーズン限りでフェラーリF1を離脱することを発表。だが、現時点で2021年のF1グリッドにおける選択肢はほとんどないと言っていいだろう。

ダニエル・リカルドのマクラーレン移籍によってルノーF1への移籍が噂されているセバスチャン・ベッテルだが、最高のチャンスはメルセデスF1だと考えられている。一部報道では、メルセデスF1はバルテリ・ボッタスの放出を決意したとも言われている・・・ただし、ジョージ・ラッセルをさせるためではあるが。

だが、ギュンター・シュタイナーは、セバスチャン・ベッテルがミッドフィールドに定着する可能性が高いチームに移籍して2021年シーズンを費やすことに魅力されるとは考えていない。

「4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルが今さらミッドフィールドに行くことを望むとは思えない」とギュンター・シュタイナーは Sky F1 に語った。

「成功したキャリアを過ごしてきた人はあまりに多くのリスクを冒すことは望まないものだ」

「彼らとは良い関係を築いているが、彼にシートを提供することはない。私よりももっと深いポケットを持っている他の誰かがそうするだろう!」

ギュンター・シュタイナーは、2021年F1マシンを評価するためにテストを手伝ってくれる可能性があるならば、そのチャンスに飛びつくが、ベッテルがそれに興味を示すことはないだろうと語る。

「それができるのであれば本当に素晴らしいことだ」とギュンター・シュタイナーは認める。

「しかし、6か月間マシンを離れた後にマシンに乗り込み、決定を下すことは非常に難しいだろう」

「それに我々が得ている情報では来年のテスト日が非常に少なくなるので、それは非常に難しい」

「タイヤサイズの拡大をテストするために来年にむけて構築する2022年F1マシンのようなテストならば素晴らしいだろう」

「しかし、そのようなことをするのは難しいと思っている。ただ乗り込んで、それについて意見を言うだけであり、彼はそれをするのをためらうと思う。彼のために何の意味がある? まったくないだろう」

「彼は4回のF1ワールドチャンピオンであり、F1で15年間ドライブし、あらゆることを勝ち取ったきた。なぜ彼はそれを望むと思う?」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / ハース