F1:セバスチャン・ベッテルにマクラーレンとルノーがオファーとの報道
4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルにマクラーレンとルノーがオファーを出したと報じられている。

フェラーリは、シャルル・ルクレールとの契約を2024年まで延長しているが、今シーズン末で契約が満了するセバスチャン・ベッテルとの契約はまだ更新していない。報道によると、フェラーリは給与をルクレールと同等まで引き下げた1年をオファーしたとされており、その場合、事実上チームの将来はルクレールであり、ベッテルはナンバー2を求められていることになる。

フェラーリは、セバスチャン・ベッテルへの回答について6月を最終期限として設定しているが、ベッテルはまだ首を縦に振っていない。

フェラーリの内情に詳しいジャーナリストのジャーナリストのレオ・トゥリーニは、セバスチャン・ベッテルがフェラーリとの新しい契約に同意することを妨げていることの1つは、チーム内でのシャルル・ルクレールの立場にあると語る。

「スクーデリア・フェラーリは、セバスチャン・ベッテルに1年間の契約更新をオファーしたが、彼らは6月末、つまり、新たにチャンピオンシップがスタートするまでに回答するよう求めた」と Sky Italia に語った。


「ベッテルの疑いは、それがドライバー管理に差が生じないことを確信できないという事実から来ている。我々はシャルル・ルクレールは2024年まで契約を結んでいることを考慮しなければならない」

「セブをシャルルのウイングマンにするオファーではない。フェラーリのCEであるルイ・カッミレーリは、4回のワールドチャンピオンに2回レースで勝利した誰かのウイングマンになることを頼むことはできない私に話した」

だが、セバスチャン・ベッテルには、フェラーリを離れることを決定した場合にも他に選択肢がある。

レオ・トゥリーニは、セバスチャン・ベッテルにはルノーとマクラーレンの両方から“オファー”があると主張。それらは、いずれもベッテルの後任としてフェラーリ移籍が噂されているダニエル・リカルドとカルロス・サインツとの交代を見据えてのものだという。

「ベッテルにはルノーとマクラーレンから契約オファーがあることを私は知っている」とレオ・トゥリーニは続ける。

「だが、彼がそれらに興味を持っているかどうかはあまりわからない。セブがどのような答えを出すかを見守らなければならない」

「セブが辞めた場合、フェラーリはカルロス・サインツを追うことになると思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / フェラーリ / ルノー / マクラーレン