セバスチャン・ベッテル 「40歳までF1でレースをしているとは思わない」
セバスチャン・ベッテルは、40歳になっても自分がF1でレースを続けているとは考えていない。

グリッド最年長ドライバーは40歳のキミ・ライコネン。セバスチャン・ベッテルはまだ32歳だが、近年、パフォーマンスを発揮できておらず、フェラーリとの契約が失効する今シーズン末でF1引退も噂されている。

だが、セバスチャン・ベッテルとフェラーリは2021年移行の契約更新を示唆しており、チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、ベッテルを“偉大なリーダー”と称している。

「僕が続けることができない、もしくは続けるべきではないという兆候も理由もない。僕は間違いなくF1を望んでおり、まだF1を楽しんでいるという結論に達しました」とセバスチャン・ベッテルは Sport Bild にコメント。

「来年は走れない、もしくはそこにおない心配する必要はないと思う」

また、セバスチャン・ベッテルは、シャルル・ルクレールのチームメイトとしてフェラーリとの新しい契約を締結することを目標にしていると語る。

「シンプルに行ってF1で最も重要なチームだと思う。ここで優勝することは、他チームで優勝することとは違うように感じる」とセバスチャン・ベッテルは語る。

しかし、セバスチャン・ベッテルは40歳になってもF1グリッドにいるかどうかは疑っている。

「F1ではないだろう」とセバスチャン・ベッテル語る。

「絶対ということはないけど、重要なことは自分が幸せであることだ。それがいつになるか見てみるつもりだ」

セバスチャン・ベッテルは、彼の人生の主な目標は家族も幸せになることであり、「自分は楽しめることをして、それが自分を満たしてくれる」ことだと語る。

「今は自分の仕事でそれができている。でも、8年後にF1にいるとは思わない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / フェラーリ