F1 セバスチャン・ベッテル フェラーリ
3人の元F1ドライバーが、セバスチャン・ベッテルは現在のキャリアの危機から脱却できると擁護している。

ミスが多く、シャルル・ルクレールとのチームメイトバトルに苦戦しているセバスチャン・ベッテルは、レッドブルへの復帰やF1引退さえも囁かれている。

しかし、元F1ドライバーのティモ・グロックは、セバスチャン・ベッテルを切り捨てるのは“あまりに極端”な考え方だと Speed Week に語る。

「彼は不調が続いているけど、それが止まるまで待つ必要がある。おそらくフェラーリは彼らがいるべき状況にはいない」とティモ・グロックはコメント。

フェラーリを去ることでセバスチャン・ベッテルの問題は解決されると思うかと質問されたティモ・グロックは「そうだね、そう思う。僕たちは以前にF1で何度もそれを見てきた」

「彼にとって良いことかもしれない」

トロロッソ時代に若いセバスチャン・ベッテルのボスを務めていたゲルハルト・ベルガーは、問題はプレッシャーによるものかもしれないと考えている。

「セバスチャンは決してプレシャーは好きではなかった」とゲルヘルト・ベルガーは Auto Bild にコメント。

「現時点で彼はプレシャーを受けているが、彼はそこから抜け出せるだろう」

「ひるまずに自分を保ち、スロットルをッ分で、新聞を読まないことだ」

フェラーリを辞めるべきだと思うかと質問されたゲルハルト・ベルガーは「セバスチャンは自分が快適に感じることができる場所を探すべきだ」とコメント。

「快適に感じているかどうかに関わらず結果を出せるドライバーもいる。だが、セバスチャンのようなドライバーは良い感触を得ている必要がある」

1980年代と90年代にフェラーリでF1を戦い、それがどういう意味かをよく知っているゲルハルト・ベルガーは「かなり快適に感じることができるときもあれば、かなり不快に感じるときもあるものだ」とコメント。

「現在のベッテルは不快な段階にある」

もう一人の元F1ドライバーであるラルフ・シューマッハは、セバスチャン・ベッテルの状況についてフェラーリを批判する。

「F1はより複雑になり、フェラーリは完全にめちゃくちゃになった」とラルフ・シューマッハは Stuttgarter Zeitung にコメント。

「運転しづらいクルマであることは明らかだし、彼らはプレッシャーでミスをしたセバスチャンをサポートする必要がある」

「彼が突然悪いドライバーになったわけではない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / フェラーリ