F1 セバスチャン・ベッテル レッドブル・ホンダ
フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、F1イギリスGP初日のフリー走行を終え、レッドブル・ホンダがかなり接近しているようだと警戒している。

「このサーキットをドライブするのは楽しいし、新しい路面は以前のよりかなり滑らかになったように見える。グリップが高いので楽しい」とセバスチャン・ベッテルはコメント。

「金曜日なので今日のラップタイムにはあまり意味がないと言いたいけど、僕らのライバルたちはとても強そうだし、倒さなければならない相手なのは間違いない」

「僕たちとレッドブルはかなり近いみたいだけど、僕たちはマシンで新パーツを試していたので、判断するのは難しい。僕たちの順位をはっきり知るためには明日まで待たなければならない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / フェラーリ / F1イギリスGP