F1 セバスチャン・ベッテル フェラーリ
フェラーリは、今シーズン投入したアップデートが期待通りに機能していなかったが、セバスチャン・ベッテルはチームは開発の方向性を掴んだと自信をみせている。

フェラーリは、チャンピオンシップで優位に立つメルセデスとのギャップを埋めるためにトップスピードを犠牲にしてでもダウンフォースを追求する空力開発にシフトし、F1フランスGPで今後の開発の方向性を担ういくつかのアップデートを投入した。

しかし、金曜日のプラクティスの後に新しいフロントは外され、フェラーリは期待した結果が得られなかったことを認めていた。

その後、フェラーリはオーストリアGPでも更なる分析を行っており、セバスチャン・ベッテルはチームが状況を明確に理解したと語る。

「混乱やフランスGPで望んだようにはうまくいかなかったかもしれないいくつかのことについて、多くのことを学んだと思う」とセバスチャン・ベッテルはコメント。

「オーストリアはある程度の明快さをもたらした。僕たちはチューニングに関して何が間違っていたのか、そして何を変更する必要があるのか​について明確なイメージを掴めたと思う」

「今後2~3週間で僕たちがどこへ向かうかがわかるはずだ。残念ながら、すべてが必ずしも期待通りのものにならないこともあるし、それはごく普通のことだ」

「パーツが期待以上のものを届けてくれることもあるし、それは素晴らしいことだけど、そうではないときもある。とにかく進むべき方向を把握する必要がある。僕たちはそれを続けていく」

F1オーストリアGPでは獲得ポイントで今季初めてフェラーリがメルセデスを上回ったが、セバスチャン・ベッテル、そして、フェラーリのタイトルへの期待は事実上潰えている。フェラーリはコンストラクターズ選手権でメルセデスに135ポイン差をつけられている。ドライバーズ選手権ではセバスチャン・ベッテルがポイントリーダーのルイス・ハミルトンに66ポイント差の4位に位置している。

昨年、F1イギリスGPで優勝しているセバスチャン・ベッテルは「これまでのシーズンはかなりアップダウンがあったし、明日僕たちがどこにいるのか、クルマの感触がどんな感じかみてみよう」とコメント。

「とても楽観的です。ここ数週間は私たちにとっては良くなっているし、その傾向を続けることができることを期待している」

メルセデスはオーストリアで冷却の弱さを露呈していた。しかし、セバスチャン・ベッテルはフェラーリがメルセデスにアキレス腱があることに我を忘れてはいないと語る。

「誰しもにある程度の浮き沈みがあることが普通であることを示していると思う」とセバスチャン・ベッテルは語った。

「パッケージが良くなればなるほど、悪い部分よりも良い部分を見つけることができる。常に希望はあると思う。結果が決まったレースであっても、僕たちは自分たちがチームとして変化を遂げようとしていると思う。過去5年間で何回成功したか僕にはわかりません。

「それは天気予報に関係なく、間違いなくそれが僕たちの目標だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: セバスチャン・ベッテル | フェラーリ