F1 セバスチャン・ベッテル フェラーリ
フェラーリのセバスチャン・ベッテルが、2019年のF1世界選手権 第4戦 アゼルバイジャンGPへの意気込みとバクー市街地コースの印象を語った。

「この6kmのサーキットにはカレンダーで最長の2.2kmのストレートがあり、最初のゆったりとした左コーナーのための非常に激しいブレーキングまでに360kphに達する」

「旧市街の城壁を抜ける急な上り坂は幅が7mしかないし、F1カーでは非常にタイトに感じる。針に糸を通すような感覚だ。2台分の十分なスペースはないので、通行権に同意しなければならない!」

「バクーの大きな挑戦は、低速コーナーで優れたグリップを得るだけでなく、フルスロットルで多くの時間を費やすストレートでも十分な速さを得られるように適切なウイングレベルを見つけることだ。簡単な妥協ではない」

関連:2019年 F1アゼルバイジャンGP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: セバスチャン・ベッテル | フェラーリ | F1アゼルバイジャンGP