F1 セバスチャン・ベッテル
フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、F1バーレーンGPでシャルル・ルクレールが後ろに留まるというチームオーダーを無視してオーバーテイクを仕掛けてことに驚いてはいないと語る。

シャルル・ルクレールは、セバスチャン・ベッテルを追い抜くまで2周待つように指示されていたが、1周後にオーバテイクを仕掛けて成功させた。

セバスチャン・ベッテルは、シャルル・ルクレールとエンジニアの無線を記録したビデオは見ていないとしつつも、いずれにしろ、オーバーテイクを仕掛けていた選択には驚いていないと語る。

「その時点で彼がかなり速かったのは明らかだったと思う」とセバスチャン・ベッテルはコメント。

「次のストレートで彼を抜き返すこともできたかもしれないけど、その時点で仕掛ければ僕も彼もタイムを失うと判断した」

「それ以降のレースはとても長かった。土曜日は思い通りに進んでいなかったし、その時点でシャルルを抑えたり、破壊してやろうという考えはまったくなかった」

開幕2戦でシャルル・ルクレールが頭角を現してきているが、セバスチャン・ベッテルはプレッシャーには感じていないと主張。これまでお互いにポジティブな関係を築くことができていると語る。

「皆さんが彼のことをどう思っているかはわからないけど、僕が思っているのとほぼ同じだと思う」とセバスチャン・ベッテルは語る。

「彼は良い子だと思う。彼は速いし、F1にやってくる前から彼がF1に相応しい理由を何度も証明してきた」

「彼とはかなりストレートな仕事ができている。外部の皆さんが何を想像しているのかわからないけど、不快にさせるようなドライバーに出会ったことないし、今後もないことを願っている。そこは明らかだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: セバスチャン・ベッテル | フェラーリ | シャルル・ルクレール