F1 セバスチャン・ベッテル
フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、F1バーレーンGPの予選で理想的なラップができていたとしても、チームメイトのシャルル・ルクレールからポールポジションを奪えていたかどうかはわからないと語った。

シャルル・ルクレールは、F1バーレーンGPの予選でコースレコードを更新して初ポールポジションを獲得。2番手にはセバスチャン・ベッテルが続き、フェラーリがフロントローを独占した。

最終的にシャルル・ルクレールに0.294秒差で敗れたセバスチャン・ベッテルは、Q2の早い段階で追加のタイヤセットを使用することを余儀なくされたことで1セットしか新品タイヤがなくなり、Q3では1アタックしかできなかった。

それでも、セバスチャン・ベッテルは、たとえ理想的なQ3ができていたとしても、シャルル・ルクレールのタイムを破れたかどうかはわからないと語る。

「今日は彼の日だった。僕の一日が理想的ではなかったのは確かだけど、理想的なラップができていたとしても、今日、彼を倒すのはとても難しかっただろう。良くやったと思う」

「僕の初ポールはしばらく前のことだね! でも、忘れられない一日であることは確かだ」

開幕戦では、メルセデスの2台とレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンの後塵を拝することになったフェラーリ勢だが、2週間後のバーレーンでは大きく状況を好転された。予選を含め、すべてのセッションでタイムシートのトップにフェラーリのマシンが名を連ねた。

セバスチャン・ベッテルは、開幕戦でのペース不足を解決するためにハードワークを重ねてそれを実現したフェラーリのスタッフを称賛した。

「今週末は僕たち二人ともクルマにはるかに満足している。チームの努力のおかげだし、本当にチームの功績だと思う」とセバスチャン・ベッテルはコメント。

「メルボルンでは僕たち二人ともクルマにあまり満足していなかったし、チームは原因を理解するために本当に頑張ってくれた」

「僕たちはいくつかの答えをもってここに来たと思う。今日は僕たちがトップを走り、ポールを争えることを証明した。フェラーリがフロントローを独占できたことは彼らの仕事の素晴らしい証だ」

関連:F1バーレーンGP 予選:シャルル・ルクレールが初ポールポジション!

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: セバスチャン・ベッテル | フェラーリ | F1バーレーンGP