F1 セバスチャン・ベッテル フェラーリ
フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、まだ今季マシン『SF90』の競争力に自信を持っていると語る。

F1プレシーズンテストでは圧倒的な強さを見せて優勢だと考えられたフェラーリだが、2019年の開幕戦オーストラリアGPでは、フェラーリはセバスチャン・ベッテルが4位、シャルル・ルクレールが5位と厳しい週末となった。

フェラーリは、メルセデスの2台だけでなく、レッドブル・ホンダにも上回られて表彰台に登ることができなかった。特にセバスチャン・ベッテルは、ホンダのF1エンジンを搭載するレッドブルのマックス・フェルスタッペンにターン3で豪快にオーバーテイクされている。

フェラーリのスピード不足は大きな懸念材料だが、セバスチャン・ベッテルはフェラーリがSF90の本来のスピードを見い出すことができると確信していると語る。

「僕たちには必要なすべてのツールと材料が揃っていると思う」とセバスチャン・ベッテルは Motorsport Week にコメント。

「僕たちに良いクルマがあることはわかってる。今週末はそうではなかったし、全体的に競争力は不十分だった。でも、僕たちは戻ってくるだろう」

昨年、チームはマシンパフォーマンスに満足していなかったが、今年はその反対だとセバスチャン・ベッテルは主張する。

「去年はクルマに問題を抱えて状態で冬季テストを終えた。望んでいた挙動ではなかったし、本来あるべき状態でもなかった」とセバスチャン・ベッテルはコメント。

「今年はその反対だ。クルマは望み通りの挙動を示していたし、感触はとても良かった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: セバスチャン・ベッテル | フェラーリ