F1 セバスチャン・ベッテル ミック・シューマッハ
セバスチャン・ベッテルは、今年からフェラーリ・ドライバー・アカデミーの一員となったミック・シューマッハーにドライビングに関するアドバイスをすることはないだろうと語る。

7度のF1ワールドチャンピオンのミハエル・シューマッハの息子ミック・シューマッハは、昨年、ヨーロッパF3選手権でタイトルを獲得。今年はF1への登竜門であるF2でプレマ・レーシングから参戦する。

また、今年はフェラーリ・ドライバー・アカデミーに加入し、F1にまた一歩近づいた。

先輩のセバスチャン・ベッテルは、ミック・シューマッハが質問にくればそれを拒否することはないが、基本的には自力で頑張っていくものだと考えている。

「彼は質問があればいつでも僕のところに来ることができる。でも、僕の答えが彼の役に立つかどうかは別の問題だ」とセバスチャン・ベッテルは Sport Bild にコメント。

「クルマの運転の仕方に関してアドバイスをすることはないだろう。彼にとって自力で経験を積むことがベストだ」

「彼への期待はとてつもなく大きい。でも、それがどれほど大きなものなのかを彼にリマインドする必要もない。彼はそれを誰かに伝えてもらうなど必要としていない。彼は自力で成功し、成績を残して確立してきた若手ドライバーだからね」

「彼が自分のペースでF1への最後のステップのために時間を使えることを願っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: セバスチャン・ベッテル | フェラーリ | ミック・シューマッハ