マックス・フェルスタッペン 「F1マシンの重量問題に迅速な解決策はない」
レッドブル・レーシングのF1ドライバーであるマックス・フェルスタッペンは、現在のF1マシンの重量問題を迅速に解決する方法はないと語る。

近年、F1マシンの重量はどんどん増加しており、新しい技術規則の下で製造された新世代の2022年F1マシンは最低重量は798kgとなっている。これは、グランプリのスタート前に燃料分の重量が追加される前の重さだ。

2021年シーズン終了時点で、各車の最低重量は752kgであり、昨シーズンから46kg増加している。

2014年にF1のターボハイブリッド時代が始まる前は、車の最小重量は700kg をはるかに下回っていたが、新しいテクノロジーとコンポーネントにより、FIA(国際自動車連盟)は、必要な測定値を増やすことを余儀なくされた。

そして、ターボハイブリッド時代を通じて、最低重量は年々増加していった。F1ドライバーは長い間、車のハンドリングに劇的な影響を与える重量増加に批判的だった。

マックス・フェルスタッペンは、現在もほぼ100kg軽量だったF1マシンで2015年にF1デビューしたが、重量を元に戻すための迅速な解決策はないと考えている。

「追従はかなり良くなったと思うし、それはポジティブなことだ」とマックス・フェルスタッペンは2022年の新しいF1マシンについて語った。

「しかし、もちろん、車の重量は非常に重いので、それは素晴らしいことではない。これに対する迅速な解決策は実際にはない」

「でも、全体的には追従のしやすさなどは少し良くなっている。つまり、実際にどれだけ良くなるのかを期待するのは難しいけど、少なくともレースのチャンスは高くなっている。でも、いくつかのトラックではまだ追従するのが非常に困難だ」

「でも、それはタイヤのオーバーヒートなどとの組み合わせでもある。そのため、注目すべき点はいくつかある」

マックス・フェルスタッペン F1 レッドブル・レーシング

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル