マックス・フェルスタッペン 「FIAはF1ドライバーをアマチュア扱いしている」
現F1ワールオチャンピオンのマックス・フェルスタッペンは、FIA(国際自動車連盟)のドライバーとトラックリミットの扱いついて批判した。

今年、FIAは、トラックリミットを非常に厳格に取り締まり、ドライバーが白線を超えた場合はラップタイムを削除している。

しかし、マックス・フェルスタッペンは、F1ハンガリーGPの金曜日にドライバーズブリーフィングで、ハンガロリンクの特定の部分でトラックの端と見なされるものについて矛盾があったと述べた。

マックス・フェルスタッペンは、ドライバーがレース週末を通して「アマチュア」のように扱われていると感じていると述べた。

「ドライバーは昨年、トラックリミットに関して何を追求するかについて、より明確かつ厳格にする必要があると言った」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「例えば、昨夜、彼らはターン13について話し始めた。トラックのは点線ということだった。

「その外側には縁石と白い線があって、個人的にはそっちがトラックの端だと思う」

「そういった細かい馬鹿げたことがたくさんあり、それが彼らの取り締まりを非常に難しくしている」

「ドライバーとして、僕たちは常にアドバイスを提供したいと思っているけど、何も聞いてもらえない。僕にとって、それは非常に苛立たしいことだ」

「彼らと争いたいわけではないし、アドバイスしたい思っているけど、彼らはあまり気にしていないようだ」

「彼らは僕たちをアマチュアのように見ているように感じる。それは正しくないと思います。」

マックス・フェルスタッペンは、サーキットの端にグラベルトラップを設ければ、ドライバーがワイドに走ってもタイムを稼げないため、取り締まりの必要性はなくなるとの見解を繰り返した。

「ほとんどの場合、車載カメラを見ると、カメラが反対側にあるため、角度がずれているように見えるけど、ずれているわけではい」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「だから、非常に難しいことであり、出口に少しグラベルを追加することで、自分たちに有利に働き、より簡単にすることができると思う」

「たとえば、オーストリアでは、なぜターン4とターン6でトラックリミットが必要だろうか? グラベルがあるし、ワイドに走れば損をするし、フロアにもダメージを傷つけたりして、車は遅くなる」

「そのため、彼らは自分自身を非常に困難にすることにある。もちろん、人々は白いの範囲内にとどまればいいだけだと言うけど、口で言うほど簡単なことではない」

「点線について僕が言ったこともそうだけど、何もかもがあまりにも紛らわしい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / FIA