マックス・フェルスタッペン、昨年の接触事故は「気にしていない」 / レッドブル・レーシング F1イギリスGP
レッドブル・レーシングのF1ドライバーであるマックス・フェルスタッペンは、2022年のF1イギリスグランプリに先立ち、昨年のルイス・ハミルトンとの悪名高い接触事故のことを「気にしていない」と語った。

2021年のF1イギリスグランプリでは、タイトル争いの主人公であるマックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンが、オープニグラップでコプスコーナーで接触。高速コーナーでアウトサイドを回るフェルスタッペンにハミルトンの左フロントタイヤがヒットした。

マックス・フェルスタッペンは、コースオフして高速でバリアにヒット。51Gの衝撃を受けて打棒賞を負った。レースは赤旗中断となり、フェルスタッペンは検査のために病院へと搬送された。

ルイス・ハミルトンは、衝突の責任を問われて10秒のタイムペナルティを科されたが、それを物ともせずに勝利を収め、マックス・フェルスタッペンのチャンピオンシップリードに大きな打撃を与えた。レースへの反応は、レッドブル・レーシングとメルセデスF1の間で不快感を増幅させた。

レッドブル・レーシングは、ルイス・ハミルトンが衝突で有罪とされたにもかかわらず、メルセデスF1がレース後に派手にお祝いをしたことに激怒した。

接触事故から1年後、怒りは収まった。マックス・フェルスタッペンは最終戦アブダビGPでの物議を醸した状況でタイトルを獲得し、王冠を防衛するためにかなりスムーズなチャンピオンシップシーズンを過ごしている。

ドライバーズチャンピオンシップでチームメイトのセルジオペレスを46ポイントリードしているマックス・フェルスタッペンは、ハミルトンがタイトル争いに与える影響についてあまり心配する必要はない。7度のF1ワールドチャンピオンであるハミルトンは、98ポイント下回っている。

2021年に接触事故を起こしたシルバーストン・サーキットに戻ることについて、マックス・フェルスタッペンはその週末のことは特に気にしていないと語った。

「もちろん、クラッシュは良くなかったけど、大好きなトラックだ」とマックス・フェルスタッペンはGP Racingに語った。

「あの場所に行くのは大好きだ。F1に関してとても良い雰囲気だし、本当に速く走ることができる」

「だから、別に気にしてはいない。また、そういったことは簡単に気持ちを切り替えることができるものだ。もちろん、起こったことは良くなかったけど、結局のところ、対処しなければならない」

「個人的には良い影響ではなかったけど、再びそこにいって勝利を目指そうとしている」

ホームヒーローであるルイス・ハミルトンを破って以来、初めて英国でのレースに戻る現役F1ワールドチャンピオンは、観客からさまざまな反応を受ける可能性について心配していないと語った。

「良いことは、ヘルメットをかぶったまま車に飛び込むと、何も聞こえないことだ!」とマックス・フェルスタッペンは指摘した。

「そして、彼らはモータースポーツが大好きだ。全般的にイギリスにはとても大きな歴史があるよね?」

マックス・フェルスタッペン レッドブル・レーシング F1 イギリスグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / F1イギリスGP