F1:マックス・フェルスタッペン、将来のメルセデスやフェラーリ移籍を除外せず
マックス・フェルスタッペンは、レッドブル・レーシングで「本当に良い」と感じていると語るが、メガ契約の期限が切れたときにフェラーリやメルセデスへの移籍を除外していない。

F1ワールドチャンピオンであるマックス・フェルスタッペンは、レッドブル・レーシングとの7年間の契約に署名し、2028年シーズンの終わりまでチームにとどまることになっている。

だが、レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーのヘルムートマルコは、フェルスタッペンの契約にはレッドブルの順いを落ちた場合、パフォーマンス関連のリリース条項があることを認めている。

しかし、マックス・フェルスタッペンはまだ24歳であり、レッドブル・レーシングとの現在の契約が満了しても、キャリアはまだジュ分に乗っており、メルセデスやフェラーリでの将来の可能性を完全に否定はしていない。

「チームで本当に気分がいい。チームを離れる理由はない。僕たちはうまくやっており、競争力のあるパッケージを持っている」とマックス・フェルスタッペンはMotorsport-Magazinに語った。

「契約の終了時に、僕は31歳になる。その後もまだ続行するかどうかを選択できる。契約の終了時に僕はまだ年をとっていない」

今シーズン、マックス・フェルスタッペンはドライバーズチャンピオンシップでのシャルル・ルクレールとのポイント差を取り戻しており、イモラとマイアミでの2連勝によって、ギャップは19ポイントにまで減少した。

昨年のルイス・ハミルトンとのシーズンにわたる激しい決闘の後、マックス・フェルスタッペンは、以前のカートのライバルであるシャルル・ルクレールとの戦いをどれだけ楽しんでいるかについて話した。

「もちろん、すべてのドライバーはアプローチが少し異なる。彼が防御する方法と攻撃する方法は異なる。だから、もちろん、すべてのドライバーに少し違ったアプローチをする」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「本当にクールだ。2人の若いドライバーがレースの勝利を争っている。これまでのところ、僕たちは本当に良いドゥエルをしている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / フェラーリ / レッドブル / メルセデス