マックス・フェルスタッペン 「米国のF1レースがモナコのステータスを奪うことはない」
レッドブル・レーシングのF1ドライバーであるマックス・フェルスタッペンは、F1がマイアミやラスベガスなどの新しいイベントにシフトしたとしても、F1カレンダーにおけるモナコのステータスが失われることはないと考えている。

F1は先週末、マイアミGPを初開催し、ソールドアウトのとなった新しいイベントは、観客と多くの有名人を魅了して、シリーズに活気を与えた。

これは米国でのF1の成長の最新の兆候であり、ラスベガスグランプリが加わる来年もそれは続くと思われる。F1ラスベガスGPのレースは土曜日の夜に行われ、サーキットは有名なストリップの一部を使用する。

モナコは通常、F1の「王冠の宝石」として知られているが、マイアミは、イベント全体の観点からシリーズの新しいベンチマークを設定していると見なされ、スーパーボウルと多くの比較が行われた。

しかし、F1ワールドチャンピオンのマックス・フェルスタッペンは、新しいイベントの成功はモナコのようなレースの歴史を何も奪うことはできないと感じている。

「モナコに代わることはできないと思う」とマックス・フェルスタッペンは先週末マイアミで語った。

「モナコには本当に歴史があり、もちろん、それを構築するには時間がかかる。また、マイアミはモナコとは完全に異なり、ここにはもっと多くのスペースがあり、全体の雰囲気が異なる」

「別の種類の文化でもある。同じ文化で毎回運転するのは非常に退屈なので、僕たちがそれを持っているのは良いことだけどね」

「このような種類(マイアミ)のイベント、モナコ、そしてもちろん、恒久的なレーストラックの間で中間を見つける必要がある」

今シーズン以降の契約がないことを考えると、モナコGPの将来にはいくらかの不確実性が残っている。レースは伝統的にその合意の一部としてホスティング料金が免除されてきたが、新しい契約がどうなるかについて話し合いが続いている。

アルピーヌF1チームのドライバーであるエステバン・オコンも、マックス・フェルスタッペンのモナコに対する考えを反映し、オーバーチエクの欠如は、ストリートトラックがもたらすユニークな挑戦の一部であると述べた。

「モナコは非常に特別で、その背後も歴史もあるし、他にないレースの1つだ」とエステバン・オコンは語った。

「予選を本当にうまくやる必要がある、レースはオーバーテイクは非常に難しく、リスクを冒す必要がある。だから、僕たちにとって、それは完全に異なる

しかし、エステバン・オコンは、米国でのF1の成長を見ることは励みになっており、市場の将来がどうなるかかに興奮していることを認めた。

「米国に来て、僕たちがここでどのように歓迎されているかを目にしたのは素晴らしいだ。ファンタスティックだし、僕たちはスポーツがどれだけ成長したかを目の当たりにした」とエステバン・オコンは語った。

「マイアミ、ラスベガス、これらすべての町、僕たちがここに来るのは夢だ。米国が僕たちに残したものを発見するのが待ちきれない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / F1モナコGP / F1マイアミGP / F1ラスベガスGP