マックス・フェルスタッペン 「ハミルトンとのタイム差はショックを受けた」 レッドブル・ホンダ F1カタールGP 予選
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、2021年F1カタールGPの予選を2番手終えた。

マックス・フェルスタッペンは、予選Q3で1分22秒282をマークしたが、通算102回目のポールポジションを獲得したルイス・ハミルトン(メルセデス)に0.455秒及ばなかった。

「ここまで少し浮き沈みのあるレースウイークになっていて、予選の内容には満足しているが、速さが十分ではなかった」とマックス・フェルスタッペン。

「自分ではかなりいいラップだと思っていたので、タイム差を聞いたときは少しショックを受けたし、彼らと戦うのはとても難しいと感じている。そんな中で2番手というのはよかったけど、ルイス(ハミルトン/メルセデス)との差は大きい」

「明日、奇跡を期待することはしないけど、初めてのコースで何が起きるか分からないので、決してあきらめない。ここはかなりの高速コースなのでついていくのは難しくなるはずだし、タイヤ選択の影響もある。いつものように、できる限りのベストを尽くす」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / F1カタールGP