ヨス・フェルスタッペン、次世代F1ドライバーの育成プロジェクトに着手
レッドブル・ホンダのF1ドライバーのマックス・フェルスタッペンの父親であるヨス・フェルスタッペンは、現在、次のF1ドライバーとなる若手の育成プロジェクトに取り組んでいる。

元F1ドライバーであるヨス・フェルスタッペンの息子マックスへのF1到達までの熱心な取り組みは伝説的だ。そして、今、ヨス・フェルスタッペンはティエリー・マーミューレンをサポートするという“挑戦”に取り組んでいる。

ティエリー・バーミューレン(18歳)は、ヨス・フェルスタッペンとマックス・フェルスタッペンのマネージャーを務めるレイモンド・バーニューレンの息子だ。

「マックスとの取り組みは強烈なものだった」とヨス・フェルスタッペンは De Telegraaf に語った。

「彼とのゴールは明白だった。F1に到達することだ。そのためにすべてのことを脇によけなければならなかった」

「今はそれは必要ではないが、それでも素晴らしい挑戦だ。我々はティエリーの進歩を見なければならないが、彼はそのレベルにいると私は確信している」

「だが、マックスとやったほど極端にそれをすることは二度とないだろう。私の小さな男の子がレースを始めたとしてもね」とヨス・フェルスタッペンは、マックス・フェルスタッペンの2歳の異母兄弟に言及した。

「それは我々が現在、義務なしにそれに取り組んでいるという意味ではない。これはまだ素晴らしいプロジェクトだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1