マックス・フェルスタッペンの問題は新型フロントウイングが原因
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、F1トルコGPでマックス・フェルスタッペンのフロントウイングが誤って調整されたのは週末に投入した新型フロントウイングの問題であったことを明らかにした。

F1トルコGPはマックス・フェルスタッペンにとって残念なレースとなった。レース後、フェルスタッペンは、フロントウイングが正しく調整されていない状態でレースの多くを走っていたことを明らかにし、それによってアンダーステアが強くなり、タイヤの摩耗が早まったと説明した。

「フロントウィングの調整が完全に間違っていたことが判明した。一方の側では、フロントウィングのセットアップが本来あるべきものよりも7度足りなかった。実際、それはかなり大きい。通常、あちこちで1度くらい調整をする。でも、7度はかなりだ。そうなるとドライバーとして何ができる? その結果として、ほとんど何も機能していなかった」とマックス・フェルスタッペンは語った。

レース後、ヘルムート・マルコは、セルジオ・ペレスを攻撃するのを待つべきだったと珍しくマックス・フェルスタッペンを批判していた。

ヘルムート・マルコは、マックス・フェルスタッペンのフロントウイングに問題があったことを認めたが、それは2回目のピットストップの後であり、セルジオ・ペレスとのインシデントの後だったと強調した。

フロントウイングの片方だけが極端な角度がついていた原因についてヘルムート・マルコは「このフロントウイングを調整するためのネジ山が逆方向になっている」と Motorsport Total にコメント。

「我々はトルコに新しいフロントウイングを導入した。古いウイングとはネジ山が反対になっていた。それが間違った調整につながった。だが、それはピットストップとスピンの後だった」

フロントウィングの片側では、2回目のピットストップ中にチューニングがうまくいきましたが、反対側では、メカニックが間違った方向に向きを変えた。その結果、両者の差が大きくなった。

したがって、ヘルムート・マルコは、それがマックス・フェルスタッペンのスピンとは何の関係もなかったと強調するが、なぜセルジオ・ペレスの後ろでコントロールを失うことになったのは把握していると語る。

「コーナーで誰かの後ろにとても接近しして運転すれば、すべてのダウンフォースを失うことは明らかだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / F1トルコGP