マックス・フェルスタッペン 「PUトラブルでリズムが台無しになった」 / レッドブル・ホンダ F1エミリア・ロマーニャGP 予選後のコメント
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、F1エミリア・ロマーニャGPの予選でスパークプラグが疑われている故障が発生したことでセッションが“台無し”になったと感じていると語る。

マックス・フェルスタッペンは、予選Q2でミディアムタイヤでの最初の走行中にマシンのパワーが失われたことを報告し、タイムを出せないまま修復のためにピットに戻ることを余儀なくされた。

レッドブルは、パワーロスを引き起こしたのはスパークプラグの故障の疑いがあると報告しているが、メカニックたちはセッションが終了するまでにマックス・フェルスタッペンをコースに戻るためになんとか時間内にマシンの修復を完了。

マックス・フェルスタッペンはミディアムタイヤでQ3進出を果たしたが、予選の最終ステージでメルセデス勢のドライバーのペースに合わせるのに苦労し、ポールシッターのバルテリ・ボッタスのラップタイムから0.5秒遅れの3位で終えた。

マックス・フェルスタッペンは、予選の最終段階でリズムが足りなかったとし、Q2に走行を失ったことがQ3での苦戦につながったと感じていると語る。

「それが何だったのか正確にはわからない」とマックス・フェルスタッペンはQ2でのトラブルについて語った。

「ボディワークは外さなければならず、メカニックはマシンを修復するために非常に良い仕事をしてくれた。でも、ミディアムで出て行ってラップを成功させなけれなならなかったし、それは基本的に僕の予選を台無しにした」

「なんとか通過することができたけど、リファレンスが少しずれていた。Q3の最初のラップはトレインの真ん中にいたのでタイヤが冷えすぎていた。もう少しタイムを出せることはわかっていたけど、全然いいリズムを掴むことができなかった。もう少しプッシュすることがでいたはずだ。ちょっと乱雑だった」

「Q3の最後のラップも悪くはなかったけど、予選がもっとスムーズに行われていれば、かなりうまくできたと思う。でも、Q2で問題が発生して、異なるタイヤで予選を通過する必要があるときには素晴らしいことではない」

「もちろん、予選でメルセデスに勝てるとは思っていなかったけど、もう少し近づいて、もう少しエキサイティングにしたかった」

「とにかく今日は非常にトリッキーだった。新しいタイヤを装着してラップタイムを見つけることができる予選でリズムを見つけることはできなかった。少し残念だけど、それでも3番手だし、仕事に戻るつもりだ」

マックス・フェルスタッペンは、パワーロスを報告したとき、最初は続けるように言われたが、問題を修正できるようにプッシュラップの試みの終わりにピットに飛び込んだ。

「パワーがあったけど、そのあとなくなった。再び作動したけど、やっぱり駄目だった」とマックス・フェルスタッペンは説明した。

「続けるように言われたけど『ストレートでかなりのラップタイムを失っている』と伝えた。続けても無意味だったのである時点で中止した。正確に何が悪かったのかを詳しく調べていく。あまり好ましいことではないけど、幸いにも僕たちはまだこの一にいる」

マックス・フェルスタッペンは、レッドブル・ホンダのレースペースがメルセデスに挑戦するチャンスを与えることを期待していたが、コース幅の狭いイモラではオーバーテイクが難しいのではないかと懸念している。

「ロングランにはいい感じだったので、明日も同じような感じで走れること願っている」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「明日はトップスピード面で良いポジションにいることを期待しよう。いずれにしろ、追い抜くのはそんなに簡単なことではないと思うけど、何ができるか見てみるつもりだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1